世界各国に加え日本国内の魅力を伝える、世界最大級の旅の総合イベント「ツーリズムEXPOジャパン2016」が2016年9月22日(木・祝)〜25日(日)、東京ビッグサイトにて開催される。
※一般公開日は24日(土)、25日(日)の2日間。

 

旅は変える。人生を。世界を。



写真提供:ツーリズムEXPOジャパン
 
ツーリズムEXPOジャパンの2016年のテーマは「旅は変える。人生を。世界を。/Be part of the world. Travel.」。世界各国に加え日本全国47都道府県の観光、飲食、物販などのブース約1500店が集結。当イベント常連国の韓国、アメリカ、台湾の他、東南アジア各国のブースも多数出展する。

 

各国のブースで旅行気分


P1070170
©TRIPPING! 2015年の様子 タイ政府観光庁のパビリオン

 
世界最大級の旅の祭典とだけあり、各エリアの出展も豪華。タイ国政府観光庁は、ムエタイパフォーマンスや、タイ式健康法「ルーシーダットン」体験レッスン、さらにタイ料理「ソムタム」作り体験や「パクチー」の魅力と簡単レシピ伝授などを開催予定。マレーシア政府観光局は、舞踊ショー、クイズ大会に加え、ヘナ・タトゥー(手書きのボディーペイントアート)、や伝統的なマレー凧の製作デモンストレーションなどを行う。

P1070172©TRIPPING! 2015年の様子 タイ国際航空ブース

タイ国際航空は、豪華賞品が当たるクイズ大会や現役客室乗務員との記念写真撮影を予定。その他のブースでもさまざまなアクティビティーを開催予定だ。

P1070167
©TRIPPING! 2015年の様子 シンガポール政府観光局ブース
 
P1070159
©TRIPPING! 2015年の様子 マレーシア・サバ州(ボルネオ島)のパビリオン
 
P1070174
©TRIPPING! 2015年の様子 フィリピンのパビリオン
 
P1070171
©TRIPPING! 2015年の様子 タイ国際航空ファーストクラス体験会
 
各国のグルメが集結した「ワールドフードコート」では、人気タイ料理のパッタイやガパオライス、マレーシアのロティチャナイカレーの屋台も。日本にいながら本場さながらの味を堪能してみたい。

会場に設置される3つのステージでは、様々なパフォーマンスも披露。日本各地、世界各国の伝統舞踊は見ものだ。

第一回目の2014年は「ホップ」、2015年は「ステップ」、そして3回目を迎える2016年は「ジャンプ」の年と、年々規模を拡大してきたツーリズムEXPOジャパン。2015年は173,602人の来場数を記録。2016年は185,000人もの来場者数を見込んでいる。

 
ツーリズムEXPOジャパン2015 (JATA Tourism EXPO Japan 2015)
会期: 2016年9月22日(木・祝)〜25日(日)
    ※9月22日、23日は業界関係者・プレスのみで一般の方は入場不可。
会場: 東京ビッグサイト、ベルサール東京日本橋、日本橋屋外エリア
当日券 大人:1,300円、学生:700円(税込)
前売券 大人:1,100円、学生:600円(税込)
※保護者同伴の小学生以下と中・高生無料(学生証提示)
詳細: http://www.t-expo.jp/