福井県の院生殺害 元大学准教授の男は教え子の「自殺への執着」を主張

ざっくり言うと

  • 福井県の元大学准教授の男が、教え子を殺害した罪に問われている裁判
  • 16日の被告人質問で、男は教え子が当初から自殺への執着を持っていたと主張
  • 「生きる意味が分からない。先生に殺してほしい」などと話していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング