写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタルアーツは9月16日、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode(ファイナルコード)」において、社内のファイル管理に特化した新しいエディション「FinalCode Express Edition」を10月3日から提供すると発表した。

「FinalCode」は、社外に渡したファイルを追跡でき、不正なアクセスがあれば通知を受け、いざという時にはリモートで削除することができる、「暗号化・追跡ソリューション」で、「FinalCode Express Edition」は、「FinalCode」の機能を絞ったエディション。

基本機能として「個別ファイルの暗号化」と「ローカルフォルダーの自動暗号化」機能を備え、1ライセンスあたり月額1,000円(税別)で提供。「共有フォルダー自動暗号化機能」、「削除・不正通知機能」、「Box 連携機能」、「CAD ファイル暗号化・閲覧機能」、「大規模運用機能」の他、オフライン環境でのファイル操作を可能にする「オフライン閲覧機能」や、システムとの連携を可能にする「FinalCode API」など、基本機能以外の機能は、有償オプションとして追加購入できる。

購入は10ライセンスより、1ライセンス単位で行える。導入形態はSaaSまたはVA(Virtual Appliance)。

(丸山篤)