写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車(トヨタ)は9月15日、2016年1月に米国に設立した人工知能技術の研究・開発を行うToyota Research Institute(TRI)が、ロボティクスや自動運転の研究で、米国の非営利団体Open Source Robotics Foundation(OSRF)と連携すると発表した。

OSRFは米国の非営利団体で、ロボティクス研究・教育に使われるオープンソースのソフトウェアの開発、配布、利用促進活動を行っている。主な製品として、ロボット用ソフトウェア開発ツールであるRobot Operating System(ROS)や、3次元のロボットシミュレーターであるGazeboなどがある。

TRIは、OSRFが新たに営利企業として設立したOpen Source Robotics Corporation(OSRC)と2年間の契約を締結。OSRCの技術チームが、ロボット工学やソフトウェア技術等に関し、TRIの研究活動を支援する。同時にTRIは、OSRFが行っているオープンソースのロボット関連ソフトウェア開発・利用促進活動を支援するため、OSRFに100万ドルの助成を行う。

TRIは「トヨタでは、屋内外を問わずお客様により良い移動手段をご提供すべく取り組んでいる。OSRCの卓越した知見や優れた技術プラットフォームを、我々の研究活動の根幹を支えるものとして取り入れていきたい。また、オープンソース化でロボット産業の発展を加速させようとするOSRFの取り組みを支援できることをうれしく思う」とコメントしている。

(神山翔)