水と緑が感じられるオアシス 福岡大濠公園のスターバックスに行ってきた

写真拡大 (全5枚)

日本全国47都道府県にある「スターバックス」の店舗で、特別なストアを「コンセプトストア」といいます。店舗の建物が登録有形文化財だったり、デザインにこだわっていたりと、通常店舗よりも雰囲気がガラッと異なるのに、コーヒーなどのメニュー価格は基本的に同じ。普段よりもなんとなく“プチ贅沢”が感じられ、スタバファンはもちろん、いまや国内外の観光客にも人気です。

そのコンセプトストアの中で、“公園内の憩いの場”として紹介されているのが、福岡大濠公園店です。

福岡市営地下鉄空港線の大濠公園駅から歩くこと5、6分。森のような緑の中に平屋建てのスターバックスが見えてきました。通常よく見られるテラス席はもちろん、ソファまで置かれていたのにまずビックリ。そして、店内に入ると、天井から太陽の光が降り注いでとても明るい雰囲気でした。平日の午前中にも関わらず、中高年や若者、そして韓国人がたくさんでやや混みあっていました。

せっかくなので窓側のカウンター席に座りました。大きな窓からは公園がよく見えます。8月後半だったので外だと陽射しはまだまだ厳しいものの、店内は冷房もよく効いていて快適。いつも飲んでいるドリップコーヒーがよりおいしく感じられたのは言うまでもありません。

スターバックスの公式ホームページから、福岡大濠公園店の特徴を抜粋しました。コンセプトストアを訪れる前にサラッと一読するのがおすすめ。

■環境に配慮したグリーンストア
■ 内外壁や家具に木材を使い、高窓から太陽光を取り込んで電力削減
■コーヒーをいれた後に残る豆かすと公園の落ち葉でたい肥作り
■ コーヒー抽出後の豆かすを間伐材と混ぜて成型したボードをテーブル天板に使用(一部)

大濠公園は、福岡市民のオアシス。公園の散策やジョギング途中に立ち寄る人も多く見かけました。「こんなステキなスタバを普段使いできるなんてうらやましい!」と思ったのが、本音。福岡にあるコンセプトストアといえば、太宰府天満宮表参道店が有名ですが、福岡大濠公園店は中心部にも近くて便利です。ぜひ観光や出張などのついでに一度訪れてみてください。

福岡大濠公園店 | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=962