【速攻試乗】室内や荷室はもちろん走りも燃費も向上した新型ホンダ・フリード登場

写真拡大 (全73枚)

室内のみならず開口部も拡大して乗降性バツグン

「ちょうどいい」のフレーズで、手軽なサイズながら優れたパッケージングで人気のコンパクトミニバン、ホンダ・フリードがフルモデルチェンジを行なった。開発コンセプトは「いつでも、どこでも、だれでも7days Wonderful Mobility」。発表前日までの受注状況は1万3,000台と市場の反応はすこぶるいい。内訳はハイブリッドが6割りだという。ちなみに月間販売目標は6,000台とのことだ。

東京都港区にある本田技研工業の本社で行われた発表会には、テレビCMに出演するモデルの蛯原友里さん、お笑い芸人の徳井義実さんが登場。

猫好き芸人だという徳井さんは、無理矢理(!?)キャットタワーが縦に入ることを実演したり、フリードプラスで車中泊が可能なことを確認。買うならハイブリッド4WDの3列シートとコメント。

蛯原さんは、家族で出かけることを考えると3列シートかなと思うけれど、2列も気になるとのことだった。

先代フリードは、2列シートモデルをフリードスパイクというモデル名で、デザインも大きく異なっていた。しかし新型では、フリードプラスという名称に変わり、フリードとの違いはテールゲートの下端部分とエンブレム程度で、デザインの統一が図られている。

ボディに目を向けると、先代に比べて全長は50m伸びたものの全高は5mmマイナス。にもかかわらず1-3列目のヒップポイント間距離は90mmプラス。さらに2列目のスライド量は360mmと、先代に比べて120mmも増えている。

そしてステップ地上高は390mmと15mm下げられお年寄りや子供により優しい乗降性を手に入れた。スライドドアの開口部が拡大されている点にも注目したい。また、ドアノブを軽く引くだけで開閉できる「イージーオープンドアハンドル」を採用したこともトピックスだ。

2列シートのフリードプラスも楽しい。ラゲッジの使い勝手を追求し、荷室を上下に分割して使えるユーティリティボードは耐荷重200kg。このボードの上に寝ての車中泊も可能となっている。

また、注目は開口部地上高が185mmも下げられ335mmになったこと。荷物の積み降ろしがラクになったと共に、荷室容量もアップしている。

さて、そんなフリードに早くも試乗できたのでその印象もお届けしたい。

ミニバンとは思えないコーナリングでの安定感

コンパクトな5ナンバーサイズの全幅に、パッケージングを優先した高い全高。そんなコンパクトミニバンスタイルからは想像できない、キビキビとした走りを新型フリードはもっている。ちなみに、開発責任者を務めた田辺 正さんは4代目オデッセイのLPLを務めた方。ミニバンでもしっかりした走りを、という思いがあったに違いない。

フットワークのよさはシャーシのテコ入れ具合からもわかる。フロントスタビライザーの剛性アップ、リヤサスペンションの剛性向上などが施され、さらにはステアリングの剛性は先代比約10%アップとした。重心高は約8mm低くなっており、クルマの動きに嫌なロールがないのが印象的だ。

もちろん相応のロールはするのだが、それがとても自然で安定感抜群。ドライバーのステアリング操作にリニアに反応する操縦性をもっていた。ミニバン的なスタイルからは想像できない、優れたフットワークは新型フリードの大きな魅力といえる。

パワートレインは1.5リッター直4ガソリンと1.5リッター直4ハイブリッドの2タイプが用意される。ハイブリッドは従来のIMAから、フィットなどにも採用されるスポーツハイブリッドi-DCDとなった。コンパクトミニバンとしては初となるハイブリッドに4WDがラインアップされたのもトピックだ。

燃費はハイブリッドが最高27.2km/L、ガソリンは最高で19.0km/Lを達成し、優れた環境性能をもつ。モーターのアシストが加わる分、動力性能的にはハイブリッドのほうが上だと思いがちだが、60〜70kgほど重くなっているため、絶対的な動力性能ではガソリンモデルが上だ。

ただし、EV走行をはじめとする静かな走りはハイブリッドのほうが断然上。もちろん燃費もハイブリッドが有利となるから悩ましい。なお、フィットなどで指摘されているDCTのギクシャク感は大幅に低減され、スムースな変速が感じ取れたのは嬉しいニュース。

なお、フリードプラスは車重こそフリードとほぼ同等だが、リヤ部分の重量が増している。とはいえ走りにそれほど大きな違いはなく、キビキビとした軽快な走り、そして安定感と安心感のある走りは変わりない。

(文:CARトップ編集部 横山真和)

フリード&フリードプラス画像ギャラリー55点