スーパー台風の影響で台湾に打ちあがった波が巨大すぎる

写真拡大

14日、台湾全域に大きな被害をもたらした台風14号。

この影響で生み出された、巨大な波の映像が公開されている。

巨大な波を撮影

動画を公開したのは、The Red Cross Society of The Republic of China(中華民国紅十字会)。

彼らは台東市街地から北東に約6kmの場所にある、富岡漁港に押し寄せた巨大な波を撮影、13日にYouTube上で公開した。

その波はまるで何かが爆発したかのように空高く舞い上がり、台風14号の勢力の強さを表していた。

こちらは動画の最初の方。波が横にも大きく広がっている様子が見て取れる

他にも凄まじい様子を捉えた動画

他にも台風14号の激しさを物語る動画が台湾で撮影されている。

コンテナがおもちゃの箱のように崩れていく。

屋根が吹き飛ばされてしまう。

バイクに乗っている人に直撃。非常に危険だ。

風で飛ばされてしまう人も。

木々もこの通り。

ツイッターでも動画が公開されている。

120年間で最大の風速を記録

台湾の中央気象局は、14日の午前10時に14号の最大風速が63mに達し、21年間で最強の台風だと認めている。

また南部の恒春鎮の観測所では、120年間で最大の風速を記録したそうだ。

そして14日には台湾全土で約65万世帯が停電。南部と東部は記録的な豪雨に見舞われ、多くの地域で休校や休業が相次ぎ、電車も運休したという。

また船も転覆し、電柱も倒壊、走行中のトラックも横転するなど、多くの被害をもたらしたとされている。