写真提供:マイナビニュース

写真拡大

9月6日までの公開40日間で観客動員数420万人を突破、興業収入61億を突破した大ヒット映画『シン・ゴジラ』だが、その劇中に登場する作戦や兵器をモチーフにしたユニークなデザインのTシャツがグルーヴガレージよりリリースされる。

多摩川防衛戦「タバ作戦」(B-2OPERATION)に参加した自衛隊チームの勇気と健闘を讃える「タバ作戦TシャツF-2/TYPE 10 TANK/AH-1S」は、前面に劇中の作戦地図上で記されていた「B-2 OPERATION」のデザインを模したマークと「タバ作戦」の文字、背面はそれぞれF-2/TYPE 10 TANK/AH-1Sのシルエットがデザインされたマニアックなデザインとなっている。価格は各3,200円(税別)。

「無人在来線爆弾TシャツA/B/C/D」は、攻撃に参加した各電車をモチーフに、行き先表示を全て「呉爾羅(Godzilla)」にデザインしたもので、価格は各3,000円(税別)。

これらの商品は、本日よりアニメショップおよびネット通販サイトでの予約受付がスタート。発売は2016年12月の予定となっている。

TM & (C)TOHO CO.,LTD.