写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は9月16日、新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を発売した。

新型フリード/フリード+は「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバン。3列シート車のフリード、2列シート車のフリード+、そして福祉車両が用意され、多様なニーズに応える16通りのバリエーションがラインアップされている。また、コンパクトミニバン初のハイブリッド4WD車に加え、車いす仕様車にもハイブリッドを設定した。

特徴としては、多彩なシートアレンジが可能な広い室内空間を確保したほか、フリード+では、荷室を超低床化することで使い勝手を向上させ、車中泊もできるフラット空間と、床下収納を同時に実現。さらに、安全運転支援システム「Honda SENSING」をタイプ別に設定した。ハイブリッド車にはSPORT HYBRID i-DCDを採用し27.2km/l(JC08モード)の低燃費と力強い走りを両立している。

(神山翔)