13日、中国のバラエティー新番組「向往的生活」がオンエア前にもかかわらず、韓国の人気番組からのパクリだと早くも指摘されている。資料写真。

写真拡大

2016年9月13日、中国のバラエティー新番組「向往的生活」がオンエア前にもかかわらず、韓国の人気番組からのパクリだと早くも指摘されている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

ネット上でパクリ疑惑が騒がれているのが、今月16日からスタートする東方衛星テレビのバラエティー番組「向往的生活」だ。複数の男性タレントが農村で一軒家を借りて同居し、その自給自足生活を追うもの。このコンセプトが韓国tvN局の人気番組「三食ご飯」にそっくりだと目ざといネットユーザーが指摘している。

さらにネットユーザーによると、「向往的生活」にはペットの犬、ニワトリが登場するが、こちらも「三食ご飯」とまるで同じだという。

ネットユーザーの批判に対し、「向往的生活」の中国版ツイッター公式ページではコメントを発表。韓国の番組との相似点は「向往的生活」が農村を舞台にしている点だけであり、「内容も出演者のキャラクターも大きく違う」としている。「一つの種が地に落ち、さまざまな種類の花が咲いた」とパクリ疑惑を微妙な言葉で説明し、「意見はオンエア後に承りたい」と強気な姿勢を見せている。(翻訳・編集/Mathilda)