トム・ハンクスが「NEWS ZERO」に異例生出演

写真拡大

クリント・イーストウッド監督の最新作「ハドソン川の奇跡」(9月24日公開)に主演するトム・ハンクスが9月16日、報道番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)への生出演が決定した。大物ハリウッドスター俳優が、日本の生放送の報道番組に出演するのは異例だ。

全米初登場1位を獲得し、週末3日間で興行収入約36億突破の大ヒットスタートを切った本作。トムは日本でのプロモーションのため、14日に3年ぶりの来日を果たしている。

本作でトムが演じるのは、冷静かつ的確な判断を下し、USエアウェイズ1549便の乗員乗客155人全員の命を救った実在の機長チェスリー・“サリー”・サレンバーガー。彼の偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、国民的英雄として称賛される――はずだった。しかし、機長の“究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。不時着以外の選択はなかったのか? 命を危険に晒す無謀な判断ではなかったのか? 奇跡の裏側で、彼の判断をめぐって国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていたのだ。本作では「ハドソン川の奇跡」の知られざる「真実」に迫る。

映画「ハドソン川の奇跡」は、9月24日(土)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。トムが出演する「NEWS ZERO」は、9月16日(金)23時30分よりオンエア予定。