15日、中国に上陸した台風14号は猛威を振るい死傷者が出るなど大きな被害を出した。京華時報によると、福建省上陸時、台風の中心付近の最大風速は48メートルに達し、1949年以降最強の台風となった。

写真拡大

2016年9月15日、中国に上陸した台風14号は猛威を振るい死傷者が出るなど大きな被害を出した。京華時報によると、福建省上陸時、台風の中心付近の最大風速は48メートルに達し、1949年以降最強の台風となった。

【その他の写真】

台風14号は15日未明に福建省アモイに上陸し、至る所で冠水が見られ、街路樹35万本がなぎ倒された。

台風により数万人が避難し、多数の死傷者も報告されている。台風14号はすでに熱帯低気圧に変わったが、福建省や広東省、江蘇省など8の省で強風や大雨が続いており、当局は勢力を強めながら北上している台風16号も含め、警戒を続けている。(翻訳・編集/内山)