写真提供:マイナビニュース

写真拡大

OSKは、「国税関係書類に係るスキャナ保存制度の要件緩和」を受け、スマートフォンによる領収書等の電子保存に対応した「eValue NS 2nd Edition Rel.4(eValue NS2)」を9月20日から発売すると発表した。続いて10月に「SMILE BS 2nd Edition 会計(SMILE BS2 会計)」とワークフローとの連携強化を予定している。

今回の法改正によりスマートフォン等を活用した電子化が認められ、あわせて「特に速やかにタイムスタンプを付与」という運用上の見直しも行われている。「eValue NS2」は新しくモバイル機器にも対応。特にスマートフォンでは小さい画面に最適化したデザインで使えるため、その場で簡単に領収書等を『ドキュメント管理』に登録できる。タイムスタンプは自動で付与されるので、たとえば長期出張の際にも、出先から要件を満たした電子化が可能。

「eValue NS2」スマートフォン用のメニューから、専用の登録画面・カメラを起動し、領収書を撮影して登録。eValueに登録した写真は、自動的にタイムスタンプ付きPDFに変換。ドキュメント管理に登録した領収書等は、ワークフローや会計システムにリンクして活用することができ、同社の「SMILE BS2 会計」も強化予定で、「eValue NS2 ワークフロー」を利用した「経費精算」フォームでは、簡単にドキュメント管理上の領収書を紐づけして申請することが可能。最終承認された経費データは「SMILE BS2 会計」に仕訳データとして簡単に登録できる。また領収書(タイムスタンプ付きPDF)の文書属性には経費精算書の管理番号が自動登録される。これにより仕訳伝票と領収書も一括で関連付けでき、経理担当者の業務を格段に効率化することが可能となる。

その他の強化点は、Microsoft Edge対応、部品属性と文書属性を、部分一致でリンクできたり、任意のユーザー/グループに権限を委託することが可能になるドキュメント管理 構成管理オプション、、出張精算業務などで宿泊費や日当など、個人や役職ごとに違う手当の初期値を表示するとが可能にしたワークフロー 申請フォームエディタの強化、スケジューラ ミーティングコーディネイトの新設など。