9月13日早朝、収賄罪で逮捕された広東省陸豊市東海鎮烏坎村の林祖恋村長への当局の判決に抗議してきた村民に対して、警察当局は3000人の武装警察を投入し、催涙ガス弾、ゴム弾などを使い鎮圧した。(ネット写真)

写真拡大

 中国当局は8日、収賄罪で逮捕された広東省陸豊市東海鎮烏坎村の林祖恋村長に対して、3年1か月の実刑と20万元の罰金判決を言い渡した。この判決に抗議活動を行った村民らに対して、当局は13日に3000人の武装警察を投入して、催涙ガス弾やゴム弾を使い武力鎮圧した。警察当局は約100人を逮捕し、約50人の村民は負傷し病院に運ばれた。

 林村長は6月、地元政府に対して強制収用された土地の返還を陳情する計画中、当局に収賄罪で身柄を拘束された。村民らは当局の判断が不当として6月から抗議活動をしてきた。8日の判決を受けて村民らは連日抗議活動を行った。

 香港紙「蘋果日報」(14日付)によると、13日早朝警察当局は、「公共場所秩序、交通秩序をかく乱した」として、3000人の武装警察を烏坎村に派遣した。警察らの入村を阻止するために村の入口で座り込んでいた村民の集団に催涙ガス弾を投げ込み、ゴム弾を撃った。村民らは石を投げるなど、双方は激しく衝突した。ゴム弾を撃たれた多くの村民が血を流し、体に生々しい傷を負ったという。また村民の証言では武装警察らは閃光弾も使ったという。

 負傷した約50人の村民は陸豊市病院に運ばれたが、同病院に警察らが駐在し、人の出入りを厳しくチェックしている。中学生を含めた100人の村民が身柄を拘束された。

 中国当局は村民13人を逮捕したと公表した。

 烏坎村は2012年に中国で初めて村長直接選挙を認められた、いわゆる「民主の村」だった。しかし今回の武力鎮圧は中国共産党当局が根底的に「国民の権利」「民主」「自由」を容認しない本質を改めて反映した。

(翻訳編集・張哲)