メイク道具はいつ・どのように洗うべき?専門家に聞いてみた!

写真拡大

メイク道具には多くの雑菌が付着していると言われるが、正しいお手入れの方法を知っている人は少ないのでは?「教えて!goo」の「リップブラシの手入れ」という質問には、「私はほとんど洗わないですね。粉モノはマズ洗わないですし、リップブラシもティッシュオフするだけでさっとしまってしまいます。なぜなら毛が痛んでしまいますし、そんなに奇抜な色を使わないので色が混ざってしまって困るなどのトラブルも無いからです」(noname#7209さん)、「皮膚には常在菌がいますから湿度や温度の高いところに置いておけば雑菌が繁殖する可能性はあると思います。特にリップブラシは他のブラシと違いいつもシットリしてますからね」(hitsuji3さん)、「ブラシ類はいずれも動物の毛で作られていますので、普段お使いのシャンプーとリンス(もしくはコンディショナー)で優しく揉むように洗ってあげてください」(noname#8412さん)などの回答が寄せられた。

■メイクのりが変わる!プロ直伝のお手入れ方法

メイク道具のお手入れ方法について教えてくれたのは、企業や個人向けのメイクレッスンを行う「エコエルビューティカレッジ」代表・東條美晴さん。

「まずは、アイシャドウやチークについている鏡です。粉が飛び散っていますので、ティッシュで拭いて綺麗にしましょう。次に、ファンデーション用のパフやスポンジ。汚れてくると雑菌が繁殖しますし、パフやスポンジがボロボロの状態だとファンデーションのノリが悪くなりますので、一週間に一回の目安で洗いましょう。ベストは1ヵ月に一回、新品に買い換えることです」(東條さん)

パフやスポンジを綺麗に洗うことで、驚くほどファンデーションのノリが変わるのだそうだ。では、どのように洗えばよいのだろうか。

「専用の洗浄液もありますが、中性洗剤で揉み出して洗った方が、綺麗に汚れが落ちます。ぎゅっと固く絞り、日陰干しにしましょう。時間が無い場合は、ランジェリー用の洗濯ネットを使って乾燥機にかけると中まで乾きます」(東條さん) 

しかしながら、乾燥機を使うと固くなってしまうので、できれば日陰干しにした方がよいだろう。続いて、チーク用のブラシについても聞いてみた。

「ブラシのメーカーが出している専用の洗浄液で洗った方が、毛質は綺麗に保てます。使った後にトントンと叩くと余分なチークの粉が落ちますので、ブラシに関してはこまめに洗浄しなくてもよいでしょう。1ヵ月に一回を目指してください。シャンプーやトリートメントで洗う方もいますが、パサパサになってしまうことがあります。また、椿オイルをつけて乾かすとしっとりしますが、量を間違えるとベトベトになってしまいます。メーカーの洗浄液なら、液自体に軽いオイルが含まれているので、洗ってそのまま乾かすと綺麗なツヤが戻ってきます」(東條さん)

軸のところが糊で固められているので、ブラシを下に向けて乾かすとよいのだそうだ。

「リップのブラシは、自分しか使わない場合は使用後にティッシュで軽く拭き、1〜2ヵ月に1回洗浄液で洗うとよいでしょう。直接スティックを唇に乗せる方もいらっしゃいますが、唇には雑菌が付いているので表面が硬くなってしまいます。また、密着度が全然違いますので、ブラシで付けた方が落ちにくくなります」(東條さん)

最後にメイクポーチを洗う頻度についても聞いてみたが、メイクポーチの汚れは洗ってもなかなか汚れが落ちないので、いっそ買い換えてしまった方がよいのだそうだ。そろそろ、秋メイクを試してみたくなる時期。気分転換にもなるので、長らく新調していないという人は、これを機に新しいメイクポーチを購入してみてはいかがだろうか?

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)