新ブランド「メゾン・ド・ベージュ」のカットソーが高品質で高コスパ!

写真拡大

先月フランドルから新ブランド「メゾンドベージュ(MAISON DE BEIGE)」がデビュー。筆者がその実力を確かめに、取材してきました。

「パリの女性が素敵に着こなすような、知的で上質、そして可愛らしさ漂うデザインとほどよいカジュアルさとキュートさ、エスプリのきいたスタイル」というのがコンセプト。
上質な素材を使用して、シンプルで上品なパリジェンヌの日常着が取り入れられるブランドです。デイリーウェアから、お出掛け着を両立した家着であるワンマイルウェアまで、幅広いラインナップがそろっています。

中でも筆者が注目したのは豊富なカットソー類。
視点が普通すぎない? と思われるかもしれませんが、カットソーはブランドのデザイン性や品質など実力がもっとも見えるアイテムです。すし屋で言うなれば職人の腕がわかる卵焼きのような存在でしょうか。

というわけで今回は、メゾン・ド・ベージュのこだわりのつまったカットソーをご紹介します。

■メゾン・ド・ベージュのカットソーが高コスパなわけ

メゾン・ド・ベージュを手がけるフランドルは、日本の伝統の良さを商品に取り込むことにこだわっているメーカーです。
メゾン・ド・ベージュもその精神は同じ。糸から選んで作られた国産の生地を使用していたりと、品質の良さは折り紙つきです。
カットソーも例外ではありません。
利用するシチュエーションも多く、頻繁に洗うカットソーは、着心地よく丈夫であることが欠かせません。加えて長期的に飽きのこないデザインが必要とも言えます。
メゾン・ド・ベージュのカットソーは高品質な生地を使用しているため、着心地もよく丈夫。そして、飽きのこないデザインと、長く愛用できる名品がそろっていると感じました。

ブランド全体では1万円〜の商品が多いものの、カットソーなら4600円〜7900円と手の届く価格帯です。デザイン、カラーともにシンプルでベーシックなので、着まわし力が非常に高いです。そして、高品質で丈夫な作りなので、高使用頻度あるいは数年着ることも可能。そのようなことを考えてこの価格帯であれば、コストパフォーマンスはとても高いと思います。

■オススメのカットソー3種

カットソーの中で、もっともコスパが高く感じた3種類を紹介します。

●スリムフィットリブカットソー

各4600円(税抜)

今年はリブがトレンドだから1枚は持っていたいのがリブカットソーです。リブはお洗濯でヨレっとしがち。だからこそリブアイテムは高品質なものを選びたいところ。こちらのリブカットソーならその点も大丈夫。コットン100%なので肌触りが非常に滑らか、タイトにフィットするシルエットが女性らしい印象作りに最適です。肌寒くなってきたらインナーとしても活用できそう。あらゆるシーンで活用できるので高コスパと言えますね。

しっかりと素材にこだわった日本製表記

●ベーシックコットンカットソー

5900円(税抜)

ワイドな身幅で今年らしい要素を取り入れつつも、シンプルなデザインだから飽きが来ず、長く愛用できる一品です。上質なしっかりとした生地なので、カジュアルスタイルも大人っぽく仕上がります。マニッシュなコーディネートにもぴったりです。

■長袖コットンカットソー

6900円(税抜)

手触りのいいコットンで作られたマットで温かみのある質感のカットソー。自然にある色を思わせる8色豊富なカラーバリエーションから好みの色をチョイスできるのがうれしいですね。
薄すぎず厚すぎない生地は1枚で着ることも重ねて着ることも可能で、万能な一着。シンプルなデザインなので、もちろん着まわし力も抜群です。これなら真夏以外のシーズン、ずっと愛用できます。

シルエットもゆったりめでトレンド感も出せるデザイン

■まとめ

●メゾン・ド・ベージュのカットソーが長く愛用できて高コスパな理由

〇紊らこだわった国産の生地で着心地が良く丈夫
長期的に飽きのこないデザイン・カラー
上質なのに手の届く価格帯

以上のことから長期的に愛用できる高コスパ名品と認定しました。
ファストファッションブランドだけでなく、高コスパなアイテムはさまざまなブランドの中に隠れています。
メゾン・ド・ベージュは出来立てホヤホヤのブランド。新たな自分らしいアイテムを見つけるにはもってこいですよ。
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

それでは、また。
ファッションブログ『モコーデ』がお届けしました。

(高幣素子)

★次回の『CPいいね! コーデの作り方』は9月23日(金)公開予定です。お楽しみに!