久保がフル出場のヤング・ボーイズ、ギリシャ王者にホームで惜敗…《EL》

写真拡大

▽15日にヨーロッパリーグ(EL)・グループB第1節のヤング・ボーイズvsオリンピアコスがスタッド・ドゥ・スイスで行われ、0-1でオリンピアコスが勝利した。ヤング・ボーイズの久保はフル出場した。

▽CLプレーオフでボルシアMGに敗れ、6シーズン連続となるEL本選出場となったヤング・ボーイズが、ホームにギリシャ王者のオリンピアコスを迎えた一戦。ヤング・ボーイズの久保はスタメンに名を連ねた。

▽久保とミシェル・フレイを前線に配置した[4-4-2]で試合に臨んだヤング・ボーイズは3分、レツヤクスのロングボールに反応した久保がボックス左から左足でゴールを狙ったが、このシュートはGKレアリに阻まれた。ヤング・ボーイズは22分にも、バイタルエリア右からカットインしたスレイマニのミドルシュートでゴールに迫ったが、これはわずかにゴール左へ逸れた。

▽その後は一進一退の攻防が続き、拮抗した展開となる。そんな中、オリンピアコスが42分にゲームを動かす。カンビアッソのパスをボックス右に走りこんだマリンが頭で繋ぐと、これに反応したイデイェの折り返しをゴール前に走りこんだカンビアッソがゴールに流し込んだ。

▽後半開始早々、オリンピアコスに追加点のチャンスが生まれる。48分、右からの折り返しを中央のセバが合わせたが、飛び出したGKムボゴにディフレクトしたボールは、ゴールライン手前で素早く起き上がったGKムボゴに防がれた。

▽1点を追うヤング・ボーイズは61分、ラヴェの右CKをベルトネが合わせると、左に逸れたボールをゴール左のM・フレイがシュート。さらに、相手DFに当たったこぼれ球に反応した久保がボールを押し込んだがシュートはGKレアリの正面に飛んでしまう。

▽ヤング・ボーイズは74分にも、ボックス左ライン際で粘ったスレイマニの折り返しからボックス中央手前のラヴェがダイレクトシュートを放ったが、これは大きく枠を外した。

▽その後もゴールを目指した両チームだが、スコアは動かず。試合はそのまま0-1で終了。カンビアッソのゴールを守り抜いたオリンピアコスが敵地でEL初戦を飾った。

▽また、同日行われたグループBのもう1試合、アポエル(キプロス)vsアスタナ(カザフスタン)は、2-1でホームのアポエルが勝利している。