14日、米華字ニュースサイト多維新聞は、「北朝鮮の核実験をめぐる日中外相会談の報じられ方が両国で異なる」と指摘する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2016年9月14日、米華字ニュースサイト多維新聞は、「北朝鮮の核実験をめぐる日中外相会談の報じられ方が両国で異なる」と指摘する記事を掲載した。

岸田文雄外相と中国の王毅(ワン・イー)外相の電話会談が行われたのは14日夜。記事は「日本では『北朝鮮に対する追加制裁決議の採択に向けて日中が連携することを確認』と報じられたが、一方の中国側は声明の中でこのことに触れなかった」と指摘した。

中国外交部は公式ウェブサイトで岸田外相との会談内容を紹介している。これによると、王外相は北朝鮮の核実験に反対する立場を改めて示し、「国連安全保障理事会の構成国とともに朝鮮半島の新たな変化には必要な対応を行いたい」との考えを表明。さらに「問題解決の助けとならない一方的な制裁に中国は反対の立場だ」と伝えるとともに、現在の日中関係については「(後退する恐れもある)重要な段階」と述べた。

記事は王外相が発した「必要な対応」という言葉に関し、「中国側はこれまでのところ説明を行っていない」と伝えている。(翻訳・編集/野谷)