「音楽配信は金曜日に」に、正義はあるか

写真拡大

音楽配信日はいま、世界的に「金曜日」だ。2015年から始まった業界の世界戦略が果たして有効だったのかが問われている。そもそも、なぜ金曜日になったのか。そこには「Eコマースで売上げが上がるのは木曜」という定説を超える理由があったようだ。

「「音楽配信は金曜日に」に、正義はあるか」の写真・リンク付きの記事はこちら

ブリトニー・スピアーズの新しいアルバム『グローリー』が先ごろリリースされた。彼女のファンはオンラインで購入しただろうし、さらに熱心なファンならば、レコード盤を探し回ったかもしれない。いずれにせよ、彼らは「火曜日に購入しなかった」。

それは、2015年7月に「New Music Friday」が業界の標準になったことからはじまった。

決戦は、金曜日

その「業界標準」の狙いは、こうだ。リリース日が金曜日に移行することで、音楽の流通がグローバルで統一されて著作権侵害に見舞われることが少なくなり、結果としてすべての関係者の売り上げが増える──。しかしこの1年で、あるストリーミングプラットフォームは「独占配信」をし、あるいはあるアーティストはストリーミングでのアルバム配信を取り止めた。そうした「売上げ」の可能性を減らすような例が、いくつもあった。

それから1年後のいま、金曜日への移行は役立っていたのかといわれると…明言はできない。

そもそも昨年以前は、グローバルでみると音源のリリース日は、同じ週だとしてもバラバラに設定されていた。英国では月曜日に、日本では水曜日に、ドイツとオーストラリアでは金曜日にリリースされる、といった具合だ(米国では、1989年に月曜日から移行して火曜日のリリースになったが、それは主に物流の問題が大きい。レコードやカセット、CDは週末に出荷され、月曜日に到着し、翌日に棚に並べられることになった)。

デジタルフォーマットが、人々が音楽を購入する(時として「盗む」)やり方として一般的なものになるにつれて、リリース日が異なることは、単なる不都合なだけでなく脅威へと変わった。

「とりわけメジャーなリリースに関してだが、ドイツとオーストラリアで早くリリースした場合、リークされ、あるいは収益につながらないことになる」と、コロンビア・レコードの元幹部で2014年にPandoraのヴァイスプレジデントに就任したラーズ・マレーは言う。

ロンドンを拠点とする事業者団体、国際レコード産業連盟(IFPI)は、レコード会社がオンラインのコンテンツをリリースするやり方に最適化が必要だと理解していた。彼らは、世界中でリリース日をいずれか決まった1日にすれば、著作権侵害の問題を防止するのに役立つと期待した。そこで2015年7月、IFPIは、60カ国を対象に、リリース日を統一した。

そして、以来、ニューリリースのほぼすべてが、世界中で金曜日に出ることになった。金曜日をリリース日にするという選択はまた、映画が金曜日に封切されるのと同じ理由で理にかなっていた。つまり、消費者は週末に音楽を購入する傾向が強いのだ。

デジタルにおける収益は、2014年時点で、世界的に見てフィジカルの収益に等しくなっている。RIAA(アメリカレコード協会)は2016年、ストリーミング売上をレコード売上と同様に扱うという方針を進めた。リリースを金曜日に移行することで、業界にとって万事うまくいくことになるはずだと、理論上では思われた。

ほんとうは、木曜日

しかし、果たしてそうなったかというと、…何とも言えない。IFPIのインサイト・アナリティクスを担当するディレクター、デヴィッド・プライスは、詳細な売上データをみるにそれは「期待外れ」だと言う。しかし、同組織は、ストリーミングはいまでは世界の音楽収益すべてのうち19パーセントを占めているということと、デジタルでの音楽購入のうちダウンロードを越えつつあることを、4月に発表した。

音楽業界アナリストのBuzzAangleが出した中間期報告は、その読みとシンクロしているようだ。それによると、ストリーミングでの売上げは2015年前半にわたって107パーセント以上伸びているが、アルバムの売上げは14パーセント落ちている。それでも、ストリーミングの成長は「総業界消費高」を6.5パーセント上げた。つまり、業界の未来はストリーミングにあるということだ。

とはいえ、それが金曜日のリリースと関係があるのかどうかはまた別の話だ。マレー氏によると、一部のポップアーティストたちのなかには、『Pandora』において週末と休日に売上げが大きく伸びたアーティストがいるようだが(とりわけ、2016年7月4日の週末では、ジミー・バフェットの楽曲が急上昇した)、その他のジャンルに関しては金曜日のリリースにはほとんどメリットがないようだ。

「おもしろいことに、多くのアーティストの売上げはネット上の消費物一般と同じように動いています。つまり、売上げは毎週木曜日にピークに達し、その後週末にかけて低下するんです」と、マレー氏は言う。

小さなレーベルと契約したアーティストたちにとって、「New Music Friday」が役に立っていないのは明らかだ。

マタドール・レコードの設立者クリス・ロンバルディによると、火曜日のリリースは、週末を前に音楽メディアなどへ仕込むための数日間の余裕があった点で優れていたようだ。いまでは「広告でもブログや新聞、雑誌への記事でも、大規模キャンペーンにあと押しされたものと競わなければならない」ことに辛さがあるとロンバルディ氏は言う。

書き込みは、金曜日

とはいえ、かく言うロンバルディ氏でさえも、リリース日を統一することそのものは今日の市場において極めて重要であることに同意する。彼のレーベルにしても、ストリーミング配信の収益が大きな原動力となっている。

「CDは大幅に減少し続けています。ヴァイナルはまだほんの少し上昇しているようです。ストリーミングは、それ以上の埋め合わせをしています」と、ロンバルディ氏は言う。

ロンバルディ氏からすると、その日は願わくば週の初めがいいのだろう。しかし、そうなる可能性は低い。ストリーミングサーヴィス(の配信日)は、楽曲に関するチャットをするのにふさわしくあるべく、金曜日にもってこられたようだ。

IFPIのプライス博士は、SpotifyもApple Musicも、毎週金曜日に新しいプレイリストをリリースしているという事実を指摘している。「Redditを見ると、人々は金曜日に『これぞ聴くべき音楽だ』と投稿していることが分かります」

リリース日を変更することで、多くのレコードを売ることにはならないのかもしれない。しかし、それは、業界がテクノロジーの与える影響力を重く受け取るようになった変化を示唆するものであることは、間違いない。