他人からサポートを求められた時、ついつい自分のやり方を押し付けて険悪な雰囲気になってしまう―。こんな経験をなさったことがある方、少なくないと思います。無料メルマガ『たった一つの小さな「コツ」があなたを変える』の著者で大学講師でもある野澤卓央さんは、「人をサポートするときは、必ず3つの方法を考えなさい」との助言をもらったことがあるそうです。1つや2つではダメで、3つだと嘘のように上手くいくのには、深い理由がありました。

知恵と発想が生まれるコツ

「人をサポートをするときは、必ず3つの方法を考えなさい」と、教えてもらったことがあります。その理由は

自分の知っている方法が1つだと相手に強制したくなる。2つだとどちらかを選んでもらおうとしてジレンマが生まれる。3つ方法を知っていると自分にも相手にも余裕と自由が生まれる。

自分の気持ちに余裕がないほど選択肢が狭まり、やるか? やらないか? できるか? できないか? やめるか? 続けるか? 戦うか? 逃げるか? など、二択になってしまう。

二択のときは自由でクリエイティブな発想は浮かびにくいだけでなく、焦りや不安から動くために長期的にみてもうまくいかない。

反対に選択肢が3つ以上あるときは、知恵が湧きクリエイティブな発想が広がり、自然とよい方向に流れていく。

「今、自分は3つ以上の選択肢があるか?」

と、自分に問いかけることで自分の状態を知ることができるのかもしれないな。

【今日のコツ】

三択以上の選択肢を持てたとき、クリエイティブな発想と知恵が湧く。

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!