写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヨドバシカメラは9月15日から、同社Webサイトで購入した対象製品を、配達料無料で最短2時間半で届ける「ヨドバシエクストリーム(Yodobashi Xtreme)」サービスを開始した。

対象となる地域は東京都23区全域、および武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市の一部地域。今後、サービス対象地域を順次拡張していく予定だ。

サービスの対象となる製品は、ヨドバシカメラのインターネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で購入した一部。対象製品は同サイトで取り扱う約456万品目のうち、約43万品目になるという。本サービスの開始とともに、食料品の取り扱いも開始。家電製品だけでなく、日用品の品ぞろえも拡充した。

同社によると、配送はすべて自社サービスとなり、今回のサービスのために約300台の配達車両を準備。加えて、東京都23区全域に、サービス専用となる13カ所の配達拠点も開設した。

配送にIoTを活用することで、効率的な配送や再配達システムを構築。配達開始時に1分単位の「荷物到着予定時刻」が自動的にメールされるなど、きめ細かなサービスも実現している。さらに、再配達用の24時間受け付け可能なコールセンターを開設するほか、一部地域では実験的に24時間再配達にも対応する。

(倉本春)