落ち込み、恐怖症になる人も

写真拡大

めくるめく喜びのクライマックス......のはずが、「あっ、痛たたた」と突然襲ってくる頭痛。それがもとで、セックスに恐怖をもつ人も少なくない。

命にかかわる重大な病気ではと怖くもなるが、恥ずかしくて専門病院に行けない人が多い。このセックスの最中の頭痛って、どんな病気なの?

ヒポクラテスも記載したありふれた頭痛だが

この頭痛、人に相談しにくいのが悩みの種だ。インターネットの「YAHOO!知恵袋 性の悩み相談」には「性交時頭痛に関するQ&A」というコーナーがあり、次のような切実な声があふれている。

「変な質問ですが、悩んでいます! Hをした時や一人Hしてイク時に首から後頭部にかけて物凄く痛みます。痛みの感じは、ズキズキと心臓の鼓動に似ています。このままでは怖くてセックスができなくなりそうです」

「48歳の彼女のことですが、イッた瞬間、頭を金槌で叩かれたような頭痛がすると言います。頭痛は4〜5分で治るのですが、行為中のトラブルが心配です。頭痛が起こりだしたのは2年前からですが、その時以降、頭痛が怖いので激しくイカかないようにコントロールしているそうです」

「旦那が2週間前から性の最中に頭痛になりました。目を開けられないほどの頭痛が始まり、しばらく痛がっているのですごく心配です。試しに自己処理ではどうかとさせてみましたが、それでも頭痛がするそうです。旦那は、私に申し訳ないと元気がなくなり、とても気にしています」

このように夫婦仲にまで影響する頭痛だが、実は、古代ギリシャの医学の祖ヒポクラテス(紀元前5〜4世紀)も記載している、ありふれた頭痛なのだ。国際頭痛学会が作成した「国際頭痛分類」の中に、「性行為に伴う一次性頭痛」(通称:性交時頭痛)と名づけられている。女性の3〜4倍の割合で男性に多い。皮肉なことに、20歳代と40歳前後という、「性の楽しさ、性の奥深さがわかり始める年代」に発症のピークがある。ほとんどの頭痛が片頭痛などと同様、命にかかわることがない無害な「良性性交時頭痛」だいう。

同じ体位を続けると脳に空洞ができて...

男性専門クリニック「渋谷三丁目クリニック」のウェブサイトの「性行為中の頭痛」のコーナーを見ると、こう解説している。

「(性交時頭痛は)欧米の神経学の教科書に記載されるほど一般的なもので、日本でもすべての頭痛患者の3%を占める決して珍しい病気ではありません。片頭痛や群発性頭痛と同じ血管性頭痛というタイプに分類され、高血圧が原因のこともあります。爆発型、姿勢時型、鈍痛型の3つのタイプがあります」

一番多いのが「爆発型」で、オルガズム時(男性なら射精時)にズキンズキンという激しい頭痛に襲われ、その後1分から長い時は3時間ほど痛みが続く。「姿勢時型」は、性行為を同じ体位で長く続けることで生じ、やはり1分〜3時間痛みが続く。これは、髄液という脳室内や脊髄腔内を循環している液体が、特定の体位を続けることで漏れ出し、脳室内の圧力が下がって痛みが起こる。体位を変えると治まることが多い。最後の「鈍痛型」は、「爆発型」と「姿勢時型」の混合型で、両方の症状がでる。つまり、早い人は1〜2分で治まるが、長い人は3時間くらい頭痛が続くのだ。

性交時頭痛の原因は、性行為による血圧の上昇や、オルガズム(射精)時の後頭部における拍動増加が考えられている。また、無理な姿勢をとることで、頭や首の筋肉を過度に緊張させることも頭痛を引き起こす原因だ。もともと血圧の高い人や運動不足、肥満、片頭痛のある人、ストレスをためやすい人などがなりやすい。

治療法としては、「2〜3週間、性行為を避けて性交時頭痛の引き鉄がおさまるのを待ち、それでも改善しないようなら、専門医を受診し(医師に処方してもらい)性行為前にβブロッカーかCOX-2阻害薬を服用します」と書かれている。

脳出血につながる「悪性」に注意

ただ、良性のものが大半とはいえ、「悪性性交時頭痛」もあるので注意した。これは性行為中に血圧が急上昇して脳血管が破裂、脳出血やくも膜下出血を引き起こすもので、命にかかわる。良性と悪性の間に症状の差はないので、「性交時の強烈な頭痛が何日経ってもおさまらない場合は、疑う必要があります」と注意を促している。

また、同サイトでは、「ED治療薬(バイアグラ、シアリス、レピトラ)を服用する時は、常に頭痛の副作用を念頭におく必要があります」と指摘している。いずれにしろ、頭痛が長引く場合は、恥ずかしがらずに頭痛外来や神経内科、脳神経外科を受診した方がいいようだ。