夏服から秋服へ、衣替えの季節がやってきましたね。かさばりやすい服が増えてきて、すでにクローゼットがパンパン! なんていう人もいるのでは? そうなると、新しい秋服を買いたくても収納スペースも確保できないですし、まずは整理する必要がありますよね。
でもなにから手を付けていいのかわからな〜い! そんなあなたに5つのポイントをお伝えします。

ポイント1: いつ買った服か覚えていない

「たしか数年前に買った……でもいつ買ったかは覚えていない」――そんな服ってありませんか? なんとなく着心地がいいからと、いつまでも同じ服ばかりを着まわしていると、いつの間にか流行から外れたダサいスタイルになりがちです。
また年齢に合わせた服装を着ていないと、逆に老けて見られてしまうこともあります。服を買い替えると、オシャレだけでなくそのときの体型に合ったものを着ることができるので、いつ買ったのかわからない古い服は処分しましょう。

ポイント2: ちょっと高価だった服を処分できない

ちょっと高価だった服って、着る機会が少なくありませんか? そのためいつまでたってもキレイで、もったいなくてなかなか処分できないものです。でも、もう着ることがないとわかっているなら処分すべき。クローゼットをただ占領しているだけのかさばる服ならなおさら。
もし次回、高価な服を選ぶなら、なるべく着こなせるようなものを買うのもポイントの一つ。いいものだからこそ着まわしていきましょう。

ポイント3: 去年着なかった服がけっこうある

来年は着るかもしれないと思ってしまっておいたけど、今年は着なかった服ってありませんか? それを積み重ねて、2年や3年くらいは着ていないという服もあるかもしれません。それを繰り返すうちにクローゼットがパンパンになり、衣替えも面倒になるほど服の量も増え続けます。
去年着ることのなかった服は、またクローゼットにしまわないように、そのまま処分するようにしましょう。

ポイント4: 処分するときはためらわない

洋服を処分しようといざ決めたとき、「これは着るかもしれない……」「これを捨てたら後悔するかも……」などとためらっていると、なかなか捨てることができません。去年着なかったから、これはもう古いと思うものはためらわずに処分してしまいましょう。必要な服は新しく新調しほうが、気分もあがるし洋服選びが楽しくなりますよ。

ポイント5: リサイクルショップを利用する

せっかく買ったブランドの服や人気だったデザインの服は、そのままゴミの日に処分するのはもったいない! せっかくなら洋服のリサイクルショップを利用しましょう。ちょっとしたブランド物ならほかの服よりも高値で売れるし、状態がいいほどに金額もアップします。
また、いらなくなった服を友だちと集めて、寄付としてボランティア団体や古着を回収している法人に送付するのもいいですよ。