『恋する駄犬はワンと鳴く』

写真拡大

 たまらずギューッとしたくなるような「ワンコ系男子」はお好きなあなたに朗報!わんこ系大学生×真面目リーマンのほのぼの「ペットBL」!?『恋する駄犬はワンと鳴く』が9月16日(金)に発売!作者のナナイタカさんにインタビューを行いました。

――新刊の紹介をお願いします!

ナナイタカさん(以下、敬称略):表題作は、わんこ系大学生×真面目リーマンです。居酒屋で偶然出会った大学生に何故か懐かれて、面倒くさいながらも結局面倒を見てしまうリーマンのお話です。何故懐いてくるのか?と、何故追い払えないのか?を楽しんでいただければと思います。同時収録は『勇者受BLアンソロジー』で描かせていただいた、魔王×勇者のお話ですね。魔王が残念なキャラのゆる〜いファンタジーです。

――メインカップルはどんな攻×受ですか?

ナナイタカ:攻めの颯登(はやと)は軽い男の子ではありますが、過去にトラウマがあります。人懐っこい性格の裏の表情がポイントです。受けの葵(あおい)は真面目ですが…犬が好き過ぎてどうにも変態っぽいな…と思いながら描いてました。でも拾ったわんこはしっかり責任を持って飼います!

――当て馬や重要な脇役は?

ナナイタカ:当て馬ならぬ当て犬が…。

――今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?

ナナイタカ:わんこ攻めではありますが、攻めの過去にトラウマがあるので、手放しで懐いているようでやはりどこか寂しさが出るようにと気を付けていました。とはいえ3話完結なので重々しくならず軽く読んでいただけるように〜とも。可愛く幸せな作品にするのが一番の目標でした。

――今回の作品はメガネキャラが登場しますが、ナナイタカ先生の萌える男性のパーツや職業などがあれば、教えてください。

ナナイタカ:前腕が好きです。特に腕を組んだ時の筋肉の盛り上がりがたまりません…!二の腕の筋肉よりもこっちの方が頼りがいがあるように見えるんですよね。あとお尻も好きです。スポーツしてる方のお尻は最高だと思います!あ、メガネ男子も好きです!

――BLとの出会いを教えてください!

ナナイタカ:単行本は高校生の時に友達から借りて読んだのが初めてだった気がします。返却の際、休み時間に教室でBL本を取り出すという背徳感?にドキドキした記憶があります(笑)

――BLに限らず、影響を受けた作品はありますか?

ナナイタカ:好きな作品は沢山ありますが、とても影響を受けている、という感じではないと思います。まだまだ勉強中なので、沢山の素晴らしい作品に出会いたいです。

――漫画を描くうえで一番好きな作業は何ですか?

ナナイタカ:キャラクターのペン入れでしょうか。特に髪の毛が楽しいです。黒髪の艶ベタも楽しいですが、男性キャラだとあまり塗るところがないのが残念です。

――読者にメッセージをお願いします!

ナナイタカ:初めましてもしくはお久しぶりです。ナナイタカと申します。相変わらずほのぼのとしておりますが、可愛いお話になったのではないかな〜と思っております。まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願いいたします!


『恋する駄犬はワンと鳴く』

著:ナナイタカ 出版社:KADOKAWA

ペット用品メーカーに勤める会社員・五十嵐葵。
真面目でクールな彼が心を許すのは、実家に置いてきた愛犬ハヤトだけ。
会えない寂しさを仕事で紛らわす日々を送っていると、ある夜、愛犬と同じ名前の大学生と出会う。
彼は初対面のハズなのに、なぜか過剰に懐いてきて!?