高速バスの男性運転手が走行中に脳疾患 乗客がブレーキをかける

ざっくり言うと

  • 千葉県木更津市の東京湾アクアラインで13日、高速バスの事故があった
  • 運転手が脳疾患で意識がもうろうとなり、中央分離帯に接触し軽乗用車に追突
  • 異変に気づいた乗客がブレーキをかけ、乗客約30人にけがはなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング