肛門絞りとは?

一般的には肛門絞りと言われていますが、正確には肛門線絞り(こうもんせんしぼり)が正しく、検索する時に「校門絞り」と誤入力されることもあるようです。
そんな肛門絞りについてお話しする前に、まず、犬の肛門腺(こうもんせん)と肛門嚢(こうもんのう)について触れていきたいと思います。

スカンクは、危険を感じたり敵に襲われたりした時に、悪臭のする液体を噴出して撃退する事が有名ですね。

これは肛門の両脇にある、肛門傍洞腺(肛門嚢)の中にある分泌液のニオイなんです。

犬にも同じ様に、肛門付近、肛門の左右に肛門腺と呼ばれる臭腺があり、ふたつの小さい袋状の肛門嚢が形成されていて、袋の中には分泌液が溜まるようになっています。

ちなみに、分泌液の量や色は、多かったりちょっとだけだったりドロッとしてたりサラサラだったり、茶色だったり黄色ぽかったり、ニオイなども犬によって違います。

犬が人と暮らす前、彼らが野生の生活をしていた頃、肛門腺を噴射することで外敵から身を守ったり、テリトリーを示したりする役割を担っていました。

しかし人と暮らす様になって、守る側から守られる側となった今、その機会が少しずつ減っていき、通常はうんちをする際に一緒に分泌液を排出できるのですが、肛門嚢を押し出す肛門括約筋が発達していないわんちゃんは自力で排出できなくなってきました。

チワワやトイプーなどの小型犬、肥満犬、高齢の犬などは自力で排出できないケースが多いと言われています。

肛門絞りしない事で考えられるリスク

現代の飼い犬は、自力で分泌液を排出出来なくなった影響で、病気になるリスクを追っています。
これは、排出出来なくなった分泌液が肛門嚢にどんどん溜まっていき、放置された結果、細菌の繁殖で炎症を起こし、「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」になってしまうためです。

この肛門嚢炎になると、肛門周辺が赤く腫れ出血したり、うんちをする時に痛みで鳴いたり、肛門をしきりに舐めたり、お尻をこするように歩いたりするようになります。

また、症状が悪化すると肛門嚢が破裂してしまう事もあるので、異変に気付いたらすぐに病院で診てもらってください。

肛門絞りのテクニック

ここでは、自宅での肛門絞りのテクニックをご紹介します。

「肛門絞りなんてやったことない」「肛門絞りって難しそう…自分にもできるかな…」と不安になる方も多いですよね。

筆者も最初はよくわからず、恐る恐る手探りで肛門絞りをやっていたのですが、初めて自転車が乗れる様になった時の様に、一度コツを掴むと次からは出来る様になりますのでご安心を!

肛門絞りをする際に、分泌液が飛んで周囲を汚してしまう事があるので、お風呂でシャンプーする前に絞るのが、洗い流せて一番いい方法だと思います。

ただ、高齢犬などはシャンプー自体負担になってしまうので、そういう場合は肛門の上にティッシュを被せてなるべく飛び散らない様にしましょう。

上の図の様に、肛門を時計に見立てて「4時」と「8時」の位置から、親指と人差し指を使って、下から押し上げる感じで肛門に向かって絞り上げます。

力を入れ過ぎると痛いので、優しく『下からゆっくり袋を押し上げる』感じで。

出ないからといって執拗にすると、肛門嚢を傷めたり、わんちゃんも嫌がりますので、その時は諦めましょう。
溜まってない場合もあるのであせらなくて大丈夫です、また次の機会にチャレンジ!

うまく出せたら、この時出た分泌液の色を見てください。

茶色や灰色ならいいのですが、鮮やかな赤だったり緑色をしていた時は、炎症や膿んでる可能性があるので、病院で診てもらって下さいね。

まとめ

「犬の肛門絞り」の必要性とテクニックについてお話しましたが、いかがだったでしょうか。

溜まりやすかったり、自分で排出するのが難しいわんちゃんは、病気を未然に防ぐためにも月イチくらいで定期的に肛門絞りをする事をおススメします。

ただ、自宅でケアするのもコツを掴むまで難しいですよね。
肛門絞りはペットサロンだけでなく、動物病院でもしてもらえるので、ぜひ一度相談してみましょう。