「パパ活」の認知度は? 正しく答えられたのは18.9%【イマドキ女子のトレンド調査】

写真拡大

「日本初上陸」と聞けば、4時間待ちの行列なんてのもザラ。ブームに流されがちなのが我々日本人だ。しかし、数あるニッチなブームのことはどこまで知っているのか? 認知度を調査すべく、新橋・大手町で30〜50代のサラリーマン193人に街頭アンケートを実施した!

【パパ活】

 肉体関係なしを前提にデートをして、女性が男性から経済的支援を受ける「パパ活」。アンケートでは認知度が18.9%にとどまり、イクメンの育児活動だと間違える人も少なくなかった。また「おじさんがパパになってほしい女のコを探す」という回答もあったが、SNS上ではパパ活に励む女性が散見され、複数の男性をキープしている様子の人もチラホラ。女性のほうがパパ探しに積極的か。

 援助交際がセックスなどの対価としてお金が発生する一方、パパ活では愛情や癒やし、女性の将来への期待への対価として金銭を払うことを謳っている。しかしその境目は曖昧で、裏で金銭トラブルや個人情報の漏洩が起こりがち。見知らぬ異性と密室に入ったがために、パパ活の関係が破綻するなんていうリスクもある。

 OLを対象にした調査では、認知度は30%と男性陣よりやや高く、“肉体関係なし”で、お金がもらえる期待感からか。男性からすれば、そんな都合のいい話はない!?

★パパ活:認知度18.9%

【月経カップ】

 ナプキンともタンポンとも異なる新しい生理用品として、にわかに脚光を浴びているのが「月経カップ」。膣に再利用可能のシリコンのカップを折り畳んで入れ込み、経血を受け止める仕組みだ。

 女性の間でもまだ珍しいアイテムなだけに、男性陣はまったく想像がつかず、むしろ知っている1.4%の存在に驚かされた。

 月経カップ同様、女性の間で話題になりつつある“飲む日焼け止め”「ヘリオケア」は認知度1.4%。日焼け嫌いの男性にもニーズがありそうな商品だが、浸透するにはまだ時間が必要のようだ。

★月経カップ:認知度1.4%

― [ニッチな流行]認知度調査 ―