写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドイツのSAP SEとNTTは9月15日、両社の協業を強化し、「共同イノベーション」「共同ソリューション販売」「グローバルリファレンス」の3つの柱で、グローバルビジネス強化を図ると発表した。

共同イノベーションでは、第一弾の取り組みとして、公共交通機関や運輸業に対して、安心・安全かつ、先進的な運行管理を実現するためのソリューションを提供。具体的には、SAPが持つ自動車の挙動収集分析アプリケーション「CTS(シーティーエス:Connected Transportation Safety)」と、NTTが東レと共同開発した、着用するだけで心拍数などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe(ヒトエ)」を組み合わせたソリューションを開発した。

今回SAPとNTTグループが開発したソリューションでは、運転者が身に着けた「hitoe」から、心拍数などの生体情報をリアルタイムに取得し、NTTグループの分析基盤の上で疲労度などについての分析を行う。そして、これらの運転手のデータと、ドライブレコーダーやデジタルタコグラフなどの運転挙動のデータを、SAP HANA Cloud Platform上の「CTS」で総合的に分析し、事故を未然に防ぐための対応や、効率的な運行をサポートする。

今後、京福バス株式会社(福井県福井市)の協力により、2016年10月から日本国内での実証実験を行い、2017年1月に提供を開始する予定で、米国やヨーロッパでも展開していくという。

共同ソリューション販売では、地域ごとの両社での共同営業体制の構築をさらに強化していく。

そして、グローバルリファレンスでは 世界的な標準モデルとなるグローバルリファレンスづくりを両社で推進。NTTは、グローバルにおけるグループシナジーを生むための業務基盤、IT基盤の構築に取り組んでおり、その一環でSAPのソリューションを活用していく。

(丸山篤)