日本の国際空港出発ロビーでは多くの中国人団体客を目にする。彼らは自分のトランクケースだけでなく、段ボールに詰めたたくさんのお土産を抱えてチェックインカウンターの列に並んでいる。当然、チェックインカウンターは混雑している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本の国際空港出発ロビーでは多くの中国人団体客を目にする。彼らは自分のトランクケースだけでなく、段ボールに詰めたたくさんのお土産を抱えてチェックインカウンターの列に並んでいる。当然、チェックインカウンターは混雑している。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人は日本を嫌っているはずなのに、なぜこれほど多くの中国人が旅行で日本を訪れているのか」と疑問を投げかけ、その理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、日本で爆買いする中国人の数が減少し、爆買いする商品についても「高額な炊飯器などの家電製品から低価格な日用品に変わってきた」と説明する一方、それでも中国人の日本旅行に対する熱意や意欲は依然として高いことを指摘。また現在の中国では日本旅行だけにとどまらず、海外旅行そのものが人気で、その費用は実際の収入レベルを超えた水準であると伝えている。

 続けて、中国人にとって日本が「もっとも行きたい渡航先」であることの理由を掲載している。例えば、日本は「経済が発展しているだけでなく、観光地も豊富で、公共施設も整っていること、さらにサービスも良く、人を激怒させない」と説明している。また、重要なこととして、日本と中国の文化が似ている点を指摘し、旅行しやすい国であることを挙げている。

 さらに、記事は「日中関係が緊張した時期、日本で中国人によるインバウンド市場が大きな打撃を受けた」としながらも、それは中国政府の態度と政策によって生じたものだと指摘し、「中国国民は日中関係の緊張をそれほど気にしていなかった」と説明。そもそも中国人は日本を嫌ってなんかいないということであり、「多くの中国人は口では日本を嫌いというが、実際の足どりが本心」だということだろう。

 中国では、若者だけでなく多くの人が日本への憧れを抱いている。行ってみたい国を聞くと、たいていの中国人は一度は日本に行ってみたいと答える。事実、中国のネット上では日本旅行へ行き、短い期間でもその文化に触れ、日本に感化されて帰ってきたという話は数多く存在する。こうした書き込みのなかで、日本を批判する内容の書き込みはほとんど存在しないのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)