15日、中国新聞網によると、韓国・済州島のレストランで中国人観光客が起こした暴行事件に対し、中国国家旅遊局が「非常に重大な問題」として調査を進めている。写真は済州島。

写真拡大

2016年9月15日、中国新聞網によると、韓国・済州島のレストランで中国人観光客が起こした暴行事件に対し、中国国家旅遊局が「非常に重大な問題」として調査を進めている。

今月9日に起きたこの事件は外から持ち込んだ酒を店内で飲もうとしたことが発端となった。中国人観光客8人は飲酒をやめるよう注意した女性店主の頭を酒瓶で殴るなどし、止めようとした韓国人客にも暴力を振るっていた。なお、被害者の店主も中国人だったことがその後明らかになっている。

観光客のマナー向上に向けて制定された中国の規定には、「国内、海外旅行を問わず、社会に深刻な悪影響を与える行為を行った中国人観光客は、その行為が記録として残される」という内容が盛り込まれている。旅遊局は今回の事件を受け、改めて国民に旅行中の行動に注意するよう呼び掛けた。(翻訳・編集/野谷)