ポール・ポワレ 《イブニング・ドレス》1913年 島根県立石見美術館蔵

写真拡大

展覧会「モードとインテリアの20世紀展 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―」が2016年9月17日からパナソニック汐留ミュージアム(東京都港区東新橋)で開催される。11月23日まで。

きらめくベルベットの布地に豪華な毛皮で襟飾りが施されたコート、最高の職人の手で刺されたビーズ刺繍のケープ、チュール地をふんだんに用いてボリュームたっぷりに仕上げられたイブニングドレス、銀糸で複雑に織り込まれた薔薇モティーフが華やかなパンプス、など国内屈指のモード作品の数々を収蔵する島根県立石見美術館の麗しいコレクションが一堂に会する。

ベルエポック、ジャズエイジ、世界恐慌と大戦を経てミッドセンチュリーを過ぎるまでの20世紀ファッションの流れを、同時代の主要なインテリアと共に概観する試み。

ほかにも、エンパイア・スタイル、アール・ヌーヴォー様式、アール・デコ様式、ミッドセンチュリー・モダンなど、モードと並行してくらしを彩った各時代の装飾スタイルを展示。「レ・モード」、「フェミナ」等の各時代のファッション誌、あるいは「ガゼット・デュ・ボントン」他に収録されてモードをリードしたファッション・プレートや、リチャード・アヴェドンらによるファッション写真の展示などが見どころとなっている。

開館時間は10時〜18時。

休館日は毎週水曜日(ただし11月23日は開館)。

入館料は、一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料。