日中関係が小康状態にあるなか、中国国内の反日感情も現在は落ち着きを見せている。だが、日本製品や日系車をめぐっては一部では今なお排斥を主張する声があるのは事実であり、こうした主張は今後も消えることはおそらくないだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日中関係が小康状態にあるなか、中国国内の反日感情も現在は落ち着きを見せている。だが、日本製品や日系車をめぐっては一部では今なお排斥を主張する声があるのは事実であり、こうした主張は今後も消えることはおそらくないだろう。

 こうした排斥論はあくまでもナショナリズムに起因するものであり、排斥すべき理由は道理の通らない主張が大半だ。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人は果たして日系車を排斥すべきかどうかを考察する記事を掲載している。

 記事は、中国国内における日系車排斥の根拠として「安全性に劣る」、「日本人は日本国内に一流品を売り、二流品を欧米に輸出し、三流品を中国で売っている」というデマが存在することを紹介。日本人であればすぐにデマであることは見抜けるはずなのだが、中国では現実にこのようなデマが存在し、信じている人も少なからず存在する。

 こうしたデマに対して、「日系車の安全性に問題があるのであれば、なぜ欧米で日系車は売れているのか」と疑問を投げかけ、特にトヨタ・カローラは世界でもっとも売れている自動車ではないかと指摘した。

 また、自動車の安全性を論じる前に、中国人はまず交通ルールを遵守し、事故を減らす努力が必要だと指摘し、中国では交通事故による死者が日本を圧倒的に上回っている現状を指摘。日本と中国では人口が違うものの、人口比を考慮に入れても中国のほうが交通事故による死亡者数は圧倒的に多いのは事実だ。

 記事は「安全性の高い車を求めるより、安全運転を徹底することのほうがよほど事故を減らせる」と指摘したうえで、中国人は日系車の排斥を叫ぶ必要性はなく、今なお排斥を主張する必要があるのは「中国車の質が低いからであり、中国車の質が高ければ中国人は必然的に中国車を買うはずだ」と主張。質の高い日系車を排斥しようとするのは道理が通らず、中国人は排斥の前に交通ルールの遵守をはじめ、すべきことがあると主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)