14日、北朝鮮はアジア各国の外交使節に北東部の洪水被害状況を説明し、復興のための支援を呼び掛けた。写真は北朝鮮地図。

写真拡大

2016年9月14日、北朝鮮は友好関係にあるアジアの外交使節に北東部の洪水被害を説明し、復興のための支援を呼び掛けた。新華社が15日付で伝えた。

朝鮮中央通信によると、外交当局が開いた会にはモンゴル、ベトナム、ラオスなどアジア9カ国の駐北朝鮮使節が出席した。説明に対し、各使節は同情の意を示し、早急に本国に対して緊急人道支援を要請すると応じたという。ある統計では、北東部で起きた洪水による死者、行方不明者は数百人、家を失った人は6万8000人以上、家屋損壊は2万9000件に上るとされている。(翻訳・編集/野谷)