写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TISは9月14日、スーパーストリームが提供する財務会計・人事/給与などの統合業務パッケージ「SuperStream-NX」と、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を連携させたクラウドサービス「モダン会計・予算管理ソリューション」を提供開始すると発表した。月額利用料は22万円(税別)から、初期設定費用は別途見積もり。

新ソリューションは日本の商慣習に最適化したSuperStream-NXと、多次元データベースによる高速な分析・検索機能を持つOracle Planning and Budgeting Cloud Serviceを同社が連携させ、これまでExcelなどで行っていた予算管理業務の一元管理と製品・商品別や地域別などの多軸分析による予実分析を実現するというもの。

クラウドサービスの導入からサポートまでを同社がワンストップで提供することで、初期コストを抑え、短期間で導入を行うことを可能としている。特徴として、TISの連携コネクタを利用したシームレスなアプリケーション連携とクラウドが利用できるほか、会計・経営管理領域の経験を持つ同社メンバーによるワンストップの支援などを挙げている。

導入メリットとしては、予算編成業務の統合で予算管理表と会計システムへの二重入力などが不要になり、会計・予算管理業務を効率化できることがある。また、財務情報に加え、非財務情報も含めた経営情報基盤を整備でき、多様な情報利用を可能としている。

クラウド型での提供方式のため、常に最新の機能とアプリケーションを利用でき、制度改正・IFRS・グローバル対応・管理会計・内部統制など、今後発生する環境変化にも柔軟に対応できるとしている。さらに、初期費用を抑えて最新の会計システムの利用が可能になり、サーバなどシステムの管理から解放され戦略業務に専念できるという。

同社は、会計システムの老朽化を迎える企業や、ソフトウェア/ハードウェアの保守コストや要員不足に課題を抱えている企業、予算管理をExcelなどのスプレッドシートで行っている企業を中心に同ソリューションを展開していく。

(山本善之介)