「泡」で汚れに強く・落ちやすく

写真拡大

パナソニックは、温水洗浄便座「ビューティ・トワレ AWシリーズ」を2016年9月21日に発売する。

業界初だという「泡噴射ノズル」を搭載。台所用の合成洗剤(中性)と水、空気で泡を発生させ、専用ノズルが旋回しながら便器内面へ「泡」を噴射。表面を泡でコートすることで汚れが付きにくくなるほか、付いた汚れも落ちやすく、掃除の負担が軽くなるという。また、水面に溜まった泡が水位線の汚れ(輪ジミ)の発生も抑え、男性の立ち小便時は泡がクッションとなり、飛び跳ね汚れも軽減する。

「ひとセンサー」で人の入室を検知し、使用時だけ約6秒で便座をあたためる方式「瞬間暖房便座」、使用時だけ湯沸かしユニットで水をあたためる「瞬間湯沸かしシャワー」の「W瞬間方式」を採用し、省エネ基準達成率232%を実現。電源プラグを抜かなくても節電できる「待機電力0モード」を搭載した。

ラインアップは、「ナノイー除菌・消臭」、シャワー洗浄後の温風乾燥、「便ふた自動開閉」機能を備えた上位モデル「DL-AWK600」、「便ふた自動開閉」機能を備えた「DL-AWK400」、ベーシックモデル「DL-AWK200」の3機種。カラーはホワイト、パステルアイボリー、パステルピンクの3色。

価格はいずれもオープン。