15日、日本の調査でペットとして飼われるイヌ・ネコの平均寿命が2014年時点で過去最高となったことに中国のネットユーザーが注目した。資料写真。

写真拡大

2016年9月15日、日本の調査でペットとして飼われるイヌ・ネコの平均寿命が2014年時点で過去最高となったことに中国のネットユーザーが注目した。

東京農工大と日本小動物獣医師会の調査によると、2014年のイヌの平均寿命は13.2歳でネコは11.9歳だった。犬は25年間で寿命が1.5倍延び、ネコは2.3倍に延びた。室内飼いの増加のほか、餌や医療環境の改善が長寿命化に貢献したという。

日本の報道を紹介した書き込みには中国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられ、「毎年どれだけのイルカとクジラが食べられているのか、そのデータはないのか?」と否定的な意見も見られたものの、日本の環境を称賛する声が圧倒的に多かった。

ネットでは「日本では小動物も新幹線に乗ることができる。それだけ日本社会が動物に寛容であるという証拠。本当にうらやましい」「日本に行けば、どれだけ動物が暮らしやすい環境であるのかを理解できる。日本は動植物の楽園だと思う。この国で生活できることが何よりの幸せだろうな」「日本の住宅地では清潔なネコをよく見かける。ネコは日なたぼっこしたりのんびり散歩したりしている」と語り、日本の環境の良さを羨んでいた。

さらに、「中国ではどれだけのイヌやネコが捨てられ、その後捕まえられ食べられているのだろうか」と国内の状況に言及する声や、「日本のイヌとネコも高齢化?」とユニークな書き込みも寄せられた。(翻訳・編集/内山)