Kダブシャイン『自主規制』(ワーナーミュージック・ジャパン)

写真拡大

 今年6月、野外ロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL'16」にSEALDsの奥田愛基氏の出演がアナウンスされたことをきっかけにインターネットで巻き起こった「音楽に政治を持ち込むな」論争。

 当サイトではこの問題を何度も取り上げ、ポップミュージックが歴史的に見ても、貧困への怨嗟や体制への反抗と不可分であること、「音楽に政治を持ち込むな」などという意見こそが音楽の本質をわかっていない偏狭な考え方であることを指摘してきた。

 ただ、当のミュージシャンたちはこの問題にあまり積極的に触れようとはしておらず、目立ったところでは、ヒップホップのパイオニアであるいとうせいこう、ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が以下のような発言をしたくらいだった。

「海外では逆に政治的な意見を言えない奴はバカにされるし、それが当たり前の音楽のあり方だと思うよ。(略)音楽と政治が関係ないなんてノンキな事を言ってる場合じゃない状況になってて」(いとうせいこう「BRODY」2016年10月号/白夜書房より)
「今は思ってることをちょっと言うだけで、すぐ活動家みたいに言われちゃうけど、そうじゃないだろうと。そういうのはフツーに言おうぜって」(後藤正文「ミュージック・マガジン」16年8月号)

 そんな中、「音楽に政治を持ち込むな」の論調にはっきり異議を申し立てるミュージシャンが現れた。その人物は、Kダブシャイン。Zeebra、DJ OASISとともにラップグループ・キングギドラで1995年にデビュー。「日本語によるヒップホップで韻を踏む」という現在では当たり前となっているメソッドを最初に確立した人物であり、格差問題やメディアタブーなどをテーマにした社会性の強い楽曲を多く発表していることでも知られている。

 そんなKダブシャインが「SPA!」(扶桑社)の上杉隆連載「革命前夜のトリスタたち」に登場。批判を恐れて口をつぐんでしまうミュージシャンたちを批判している。

「アメリカのMTVを観て育ったので、アーティストが表現の自由を大切にし、権力への反発や束縛からの解放を当然のこととしているのを知り、感化された。でも、今の日本のアーティストは自主規制を当然と考え、事なかれ主義......。本来、音楽はもっと反抗的であって然るべきなんですよ」

 ロックやヒップホップというジャンルは生まれた当初から体制や大人の良識といったものに歯向かうものとして存在してきた。前述したようにKダブシャイン自身〈一部の事務所やスポンサー企業に関して触れないのいささか異様 もしかして業界ぐるみで偽装 つっこむと皆言う「あいつは不器用」〉(「自主規制」)、〈ネトネト粘着ウヨウヨ湧く 偉そうに言うほど強くもなく ほら一人の時すごく弱く また後で隠れくよくよ泣く〉(Kダブシャイン+宇多丸「物騒な発想(まだ斬る!!)feat.DELI」)など、社会的なトピックを扱う楽曲を多く発表してきた。猪又孝・編『ラップのことば』(スペースシャワーネットワーク)のなかで彼は、ロックやヒップホップというジャンルがもつ本来の役割を、ナズや忌野清志郎といった伝説的なミュージシャンを例にこのように語っている。

〈ロックにしてもラップにしてもカウンター・カルチャーとしての役割がデカイと思うから、そこを取ったら牙を抜かれた野生の動物みたいになってあんまかっこよくないんじゃないかな? ナズなんて『Hip Hop Is Dead』っていうアルバムとか、あとは『Nigger』なんてタイトルのアルバムを出そうとしたワケで、アイツは論争を呼ぶアルバムを常に出そうとしてるよね。みんなに批判されても、それが音楽の本筋だって感じてると思うんだ。忌野清志郎とかもそうだと思うし、俺もそういうアーティストでいたいと思ってる。何か論争を巻き起こしたり、言葉を喚起させたりするのが音楽の持つ潜在能力のひとつでデカイものだと思うし、そういう音楽に感化されて今のMCとしての俺ができているから、自分の音楽を表現しなかったら俺じゃないね〉

 彼がこのように言うのは、ポップミュージックの大事な役割のひとつに、音楽に乗せて社会的なメッセージを届けることで、それに喚起された若いリスナーが社会問題について考えるようになるという啓蒙の役割があるからだ。だからこそ、ミュージシャンは自主規制などするべきではなく、現在の社会状況に疑問を感じているのなら、むしろ積極的に問題提起をするべきなのである。Kダブシャインはこのようにも語っている。

〈ヒップホップ文化もこの世に姿を現してから数十年経つけど、アメリカのヤツらが辿り着いた結論は「ヒップホップに大切なのは正直さだ」っていうことなんだ。俺も本当にそうだと思っていて、思ったことを正直に議論の場に持って行くことで次のステップに行けると思うから、みんなが事なかれでラップしてるんだったら、それはラップの意味がないんだよね〉(前掲『ラップのことば』)

 Kダブシャインがこのような考えにいたったのには、高校時代アメリカに留学していた体験が大きく影響している。彼が渡米した1980年代の中頃はランDMCをはじめとして、まさにヒップホップがメジャーの音楽シーンを席巻しだした時期に重なる。

 ヒップホップ系楽曲の爆発的なヒットにより、もともとヒップホップという音楽ジャンルを支持していた貧民街の黒人だけでなく、郊外に住む白人もパブリック・エナミーをはじめとした黒人差別問題に意識的なグループの楽曲を聴くようになった。

 残念ながら今でも米国における差別問題は解消されておらず、むしろ2010年代中頃に入って差別問題は揺り戻している感すらあるが、1980年代中頃以降ヒップホップという音楽を通じて黒人と白人の若者が近づき、少なからず差別問題を解消の方向へと向けた役割は決して小さくはない。

 2016年7月12日に放送された『Black File』(スペースシャワーTV)でKダブシャインは、当時のヒップホップが草の根から社会を変えていった姿を現地で見た経験が、自分の音楽像を形成するうえで大きな影響を与えたと語っている。

「80年代からヒップホップが盛り上がって、アメリカの人種差別は大きく変わったじゃない? もちろん差別する白人もいるけど、差別はやめようって言う白人もすごい増えたじゃない? 俺はそれが体現するタイミングでアメリカにいたから、ヒップホップにはそれぐらい社会を変える力があるんだっていうところにすごい感銘を受けたし、それを日本でやりたいって(中略)アメリカでヒップホップが社会をよくできたんだったら、日本でだってそういう可能性はあるよなってまあ、当時20歳そこそこの俺だからそう考えて、いまやってるって感じだよね」

 Kダブシャインのインタビューを読んでいて改めて思い出したのが、先に名をあげたパブリック・エナミーのチャック・Dの「ラップミュージックは黒人社会におけるCNNである」という有名な言葉だ。これは、ヒップホップ・ラップという音楽が、外の世界へ向けてゲットーにおける黒人たちの惨状を伝えるための、持たざる者たちがもつ数少ない武器であり伝達手段であるということを意味している。

 しかも、これは音楽だけではなく、小説、漫画、映画、絵画、演劇などありとあらゆる表現にも当てはまる。日本を覆っている閉塞状況を打ち破ってくれるような、強い批評性を持った表現が出てくることを期待したい。
(新田 樹)