これってどんな料理!?私が出会った「変わったメニュー名」

写真拡大

「何このメニュー名! 気になる……でも注文するのがちょっと恥ずかしい……」

このように、飲食店で変わった名前のメニューに出会い、興味を持ったり盛り上がったりしたことはないだろうか。「教えて!goo」にも「変なメニュー名」というQ&Aが投稿されており、実際に出会ったことがある変わったメニュー名でどんなものがあったか教えてほしいと投げかけている。寄せられた回答を見てみよう。

■私が出会った「変わったメニュー名」

「大阪の路地裏のとある食堂で、『日替わらない定食』がありました。ご飯とコロッケ、小さなオムレツ、味噌汁だったと思いますが、まだあるなら二十数年は日替わってないと思います」(kks_no_genさん)

日替わり定食ならぬ“日替わらない定食”。替わらないことにこそ安心感や安定感があるのかもしれない。

「『バカでアホでフラメンキン』『バカコンポジャ』『元気丼』『ソイ丼』……最初は“なんのこっちゃ?”と思いますが、立派なメニューです。 昔とお店のレイアウトが変わってしまいましたがメニューはいまだに健在で、私は20代の時分からソイ丼が大好きです」(localtombiさん)

新宿の思い出横丁の、とある食堂のメニューを挙げてくれたlocaltombiさん。全体的に元気の良さや威勢の良さを感じるメニュー名だ。

「コースのみで、メニューはこんな感じです。『自然からの贈り物』『庭園からの贈り物』『海からの贈り物』『里山からの贈り物』『川辺からの贈り物』『森からの贈り物』『太陽からの贈り物』。出てきた料理は、植木鉢にしか見えないけど実は食べれるとか、器からドライアイスの煙がモクモク出てきたり、食事がエンターテインメントみたいに演出されていて、面白いです」(haiji1996さん)

こちらは青山にある有名なフレンチレストランのメニューだという。名前だけでどんなメニューか想像出来るような、出来ないような……。メニュー名だけでなく料理そのものも面白そうだ。

「『普通のハンバーグ』『大きなハンバーグ』『大きな大きなハンバーグ』『なおかつ大きなハンバーグ』」(carrotcakeさん)

この回答を見て「トルネコの大冒険」のパンを思い出したのは筆者だけではないだろう。

「『インディアンの逆襲』大盛りのカレーライスにハンバーグと唐揚げがトッピングされているのですが、唐揚げをウィンナーにしたら『インディアンの襲撃』になるらしいです」(yorikarinさん)

逆襲に襲撃……。メニュー考案者はなぜか戦わせたがっている。

様々な「変わったメニュー名」が投稿されているが、あなたが出会ったことがある「変わったメニュー名」にはどんなものがあるだろうか? また、回答者の中には「自分で考えてみたメニュー名」を投稿している人もいるが、ここではちょっとご紹介出来ないような18禁風のメニュー名がズラリ、である。興味のある方は実際に「変なメニュー名」のQ&Aのページをご覧頂きたい。

渡辺結花(Watanabe Yuka)