日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

今回ご紹介するのは、新潟県長岡市の「青島食堂・宮内駅前本店」。

・1960年代後半に生まれた長岡の新しいラーメンの形、それが「青島食堂」
実は長岡で長く親しまれたラーメンは、さっぱりしたスープに細麺、の支那そばスタイル。

そんな長岡のラーメンに対する概念に衝撃を与えたお店こそ、1960年代後半に生まれた「青島食堂」。

たっぷりとショウガをつかったコクのある醤油ラーメンに、たっぷりとチャーシューを載せて、肉と一緒に、まさに「喰らう」という表現が似合う、ガッツリ系のラーメン、それが「青島食堂」のラーメン。

今では長岡系ラーメンと言えば、「青島食堂」と言われるほど有名なお店になっているのだ。


・濃厚なウマミとコクにショウガがよく合うスープ
そんな青島食堂のラーメンは、濃厚なウマミとコクがたっぷりの醤油スープに、ショウガのインパクトが加わった、特徴あるスープが自慢。

スープだけでもご飯にかけて食べたくなってしまうほど、濃厚なウマミを感じられるスープは、喉の奥から食欲を呼び起こしてくれるほどのうまさだ。

・ツルツル・シコシコの麺
そんな美味しいスープの味わいをより楽しませてくれるのがツルツル・シコシコの麺だ。

濃厚なウマミの強いスープに、楽しい食感の麺がよく合う。食べるたびにクセになる麺とスープのハーモニーを心ゆくまで堪能すれば、もはや時すでに遅し、青島食堂の虜になってしまう。

・たっぷりのチャーシュー
さらにこのラーメンの特徴といってもいいのがたっぷりのチャーシュー。

柔らかいチャーシューの深い味わいと噛みしめるたびに溢れる深い肉のウマミは、コクの強い醤油スープとの相性はバツグン。

たっぷりとチャーシューを楽しんでも、スープから感じるショウガの香りが、よりさっぱりと口の中をリフレッシュしてくれるのだ。

美味しいスープに麺、そしてたっぷりのチャーシュー、それらが三位一体となったラーメン、それが青島食堂のラーメンなのだ。


もし新潟県を訪れるのであれば、長岡市で愛されている青島食堂のラーメンを味わってみてはいかがだろうか?

そこにはショウガが絶妙に効いた、長岡だからこその味わいがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 青島食堂 宮内駅前店
住所 新潟県長岡市宮内3-5-3
営業時間 11:00〜20:00
定休日 第三木曜日
HP http://www.aoshima-ramen.co.jp/

※青島食堂のラーメンは東京でも味わう事が出来ます。
詳細はこちら>>
【東京で味わう地方グルメ】新潟三大ラーメンの1つ「青島ラーメン」を堪能しよう!生姜醤油ラーメンで体も心もポッカポカになれるゾ!