女性初のアメリカ大統領選民主党の公式代表候補に選ばれたヒラリー・クリントン。歴史に残る出来事のかたわらで、アメリカの女子達は別件でクリントン一家に熱い視線を送っているもよう。

コスモポリタン アメリカ版によると、事の発端は民主党大会のとき。青いネクタイをした正装で参加し、ビル・クリントンと一緒に風船を追いかけている若いイケメンをアメリカの一部の目ざといネット民が発見。そしてインターネットサイト、<WorldofWonder>が、そのイケメンがタイラー・クリントンだと明かした。実は彼はヒラリー・クリントンの甥だったのだ。

民主党大会

タイラー・クリントンは1994年生まれ、カリフォルニア州のロヨラ・メリーマウント大学を卒業したばかりの22歳。父ロジャー・クリントンは、元米大統領ビル・クリントンの異父弟なんだそう。また、タイラー自身にも腹違いの姉がいるんだとか。

ツイッターではすでにヒラリーそっちのけでタイラーに注目している人達も。

「大統領選の最高の見どころは、ヒラリーの甥っ子のタイラーだろう」

「ちょっと黙って、クリントンの甥タイラーを静かに鑑賞させて」

「ヒラリー・クリントンの甥について話し合おう!」

「パトリック・シュワルツェネッガーといい、ジャック(ジョン)・シュロスバーグ(ジョン・F・ケネディの孫でキャロライン・ケネディ駐日大使の息子)といい、大物政治家一家のイケメンは本当にヤバい」

「このヒラリー・クリントンの甥を見ちゃったら、民主党に投票したくなっちゃうよなぁ」

なぜかキャーキャー言っているのは男性が多いような気がするのは気のせい?

もっとタイラーの写真が見たい人は、写真家アディーナ・ドリアのサイトでタイラーのページをチェックしてみて。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 山下 英子

COSMOPOLITAN US