中国の路上ではトヨタやホンダなどの日系車を非常に良く見かけるが、日本の路上で中国車を見かけることはまずない。事情を知らない人がこの状況だけを観察すれば、まるで中国が日系車を寛大に受け入れ、日本が中国車をボイコットしているかのような印象を持つかもしれない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国の路上ではトヨタやホンダなどの日系車を非常に良く見かけるが、日本の路上で中国車を見かけることはまずない。事情を知らない人がこの状況だけを観察すれば、まるで中国が日系車を寛大に受け入れ、日本が中国車をボイコットしているかのような印象を持つかもしれない。

 しかし中国メディアの東方網はこのほど、「いつも日系車の排斥論が存在する中国にこれほど日系車が多い一方、中国車を排斥していない日本で中国車が全く存在しないのはなぜか」という問いを提起し、その理由について説明している。

 記事はこの問いの答えとして「簡単に言えば、排斥論は日本製品が中国製品より優れていることを示す」と指摘し、「そうでなければ排斥などそもそも必要ない」と説明。反日感情を持ち、日系車の排斥を主張する中国の愛国者たちも、日系車の品質は中国車の品質より優れていると暗に認めているという見方を示した。

 さらに「日本の消費者たちは非常に成熟しており、多くの日本人は自動車をメンツを立てるための道具とはみなさず、むしろ経済性や実用性を重視する」と指摘したうえで、日本車は中国車よりもモデルチェンジが早く、技術や品質も中国車より圧倒的に高いことを挙げ、日本市場で中国車が売れないのは単に「日本車から市場を奪えないだけ」と説明した。

 記事の主張は日本車を称賛することよりも、むしろ中国メーカーを奮起させることにあるのだろう。成長するためには、まず競争相手が自分より優れていることを正直に認める必要がある。記事は日系車と中国車には様々な点で圧倒的な差があるということを直視するよう関係者に訴えている。さらに日本と中国の自動車における圧倒的な差を説明する際に、消費者の成熟度も関係していると指摘しているが、メンツを立てるための車選びをする中国の消費者たちと、実用性や経済性を重視する日本の消費者たちの成熟度合いの差が自動車の質に影響を与えているということを、記事は中国の読者に熟考するよう暗に促している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)