ママ友から「メイク下手」レッテルを貼られる化粧…3位パンダ目、1位は

写真拡大

もしも、ママ友などの周囲の女性たちから「あの人、メイク下手だわ……」なんて内心で思われていたら、かなりショックですよね!

メイクの出来栄えは慣れも大きく関係してくるものの、急いでいたり面倒くさかったりする時には仕上がりも雑になりがち。手抜きした顔を同性に見られた瞬間、「うわ〜。メイク下手!」などと思われてしまったら、評判にも関わりますよね。

では、イマドキの女性たちはどんな特徴を見て“メイク下手”と認定してしまうのでしょうか!?

今回は、『WooRis』が369名のママに実施したリサーチ結果をもとに、時短美容家の筆者が「メイクが下手すぎる!」と思ってしまうママ友の特徴ワースト3をお伝えします。

 

■ワースト3位:いつもパンダ目

12個の特徴を挙げ「あなたの周囲にいる“メイクが下手すぎる……”と思うママ友の特徴に当てはまるものは?」と複数回答で聞いてみると、ワースト3位には24.4%が選んだ「いつもパンダ目」が選ばれる結果に。

マスカラやアイライナーが滲んでしまって“パンダ”のような目元になっている女性もいますが、ママ友からメイク下手認定されちゃうキッカケにもなってしまうんです!

ウォータープルーフタイプで描いた後にパウダーで抑えるなどして、落ちにくい工夫をしておくに越したことはありません。

 

■ワースト2位:ファンデが浮いている

そして、同ランキングでワースト2位になった特徴は3位と僅差の24.7%が選んだ「ファンデーションが浮いている」でした。

夏は湿度や温度で、冬は乾燥によってファンデーションが浮きやすくなるものの、同性に見られてしまうと即「メイクが下手な人」と思われるようですね。

肌よりも明るい色のファンデを使うと浮いて見えるリスクが大。また、厚塗りすると浮きやすいので気をつけたいところです。

 

■ワースト1位:チークが濃すぎる

そして、同ランキングでワースト1位になっていた特徴は26.3%が選んだ「チークが濃すぎる」でした。

このところ“血色チーク”など色味の強いカラーを入れるメイクが流行っているものの、「濃すぎる!」と思われるとメイク下手のレッテルを貼られやすい様子がうかがえます。

強めのカラーを入れた際には、上からパウダーファンデで抑えるなどして赤みを抑えると仕上がりが自然です。

 

■次点:アイシャドウの色が濃すぎる

ワースト3からは外れたものの次点には24.1%が選んだ「アイシャドウの色が濃すぎる」が選ばれていました。

とくに、ブルーやグリーンなどの寒色系を使う際には、幅を広げすぎてしまうと濃い印象に仕上がりがち。暖色系を使うときよりも細めに入れたほうが自然な印象になります。

 

いかがでしょうか? メイクの仕上がりは、ちょっとしたパーツの印象でガラリと変わりますよね。

「あなたメイク下手ね!」などと面と向かって指摘してくれる人は少なそうですから、心当たりがあった方はお化粧の手法を変えてみるといいかもしれません。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 「ママ友の輪に馴染めない人」に必ず共通するNG行動3つ

※ 関わりたくない!ママ友から一発で「壁を作られちゃう」危険なインスタ4つ

※ 一瞬でアウト!「品がない奥さん」認定されるお金のNGお作法4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ オレって幸せだなぁ…!「妻とラブラブな男性」が進んでする習慣4つ