死んだはずの母親が生きていたことを知らされた三姉妹の葛藤と成長を描く映画『カノン』(10月1日公開)。その完成試写会が14日都内でおこなれ、女優の佐々木希さん、比嘉愛未さん、ミムラさん、鈴木保奈美さんらが出席し、美の共演が実現! 佐々木さんは“聴くと胸がキュンとする”楽曲を告白しました。


三姉妹の三女役を務めた佐々木さんは「私自身3兄弟の末っ子なので、皆さんに頼ってしまうことがありました」と長女役のミムラさん、次女役の比嘉さんの存在に感謝し、「いい意味で真っ直ぐで正直者で思った事に突き進むタイプ」と役どころを紹介。


共感する部分を聞かれると「実際に自分に似ているなと少し思うところがあります。親しい人に悲しい事があったら、何も考えずに行ってしまう所は自分にもあります」と行動的な部分を重ねていました。

また思い出の曲の話題になると、佐々木さんは「小さい頃は家族とカラオケに行っていたので、母が歌う一青窈さんの“ハナミズキ”が今でもどこかで聴くと、母が歌っていたことを思い出してキュンとなります」とシミジミ。


ミムラさんは「私自身は末っ子で、親戚の中でも一番チビ。だから自分だけ先に眠くなる。皆が集まって私の寝ている横でワイワイしている音が聞こえてきて、それが自分にとっての落ち着いて眠れる音でした。だから今でも大人が沢山いて喋っていると眠くなってしまいます」と笑わせた。


一方の比嘉さんは、セリーヌ・ディオンの『トゥ・ラヴ・ユー・モア』を挙げて「小さい頃に両親が好きでよく聴いていました。保奈美さんが出演したドラマ『恋人よ』の主題歌で……」と説明し始めると、鈴木は「小さい頃ですか!?」とジロリ。


比嘉は「すいません!ギラッとされて変な汗が出た」と大先輩からの睨みにビビりながらも、「子供の時代に……素敵な印象があって今でも聴くと家族と一緒に過ごしたことを思い出します」と回想しました。

【関連記事】

※ 白のワンピース姿で登場した石原さとみ、私生活で「ぬくもり」を感じる場面は?

※ 中村アン、ミニ丈ワンピースで美脚を披露!ファッションについて語る

※ Hey! Say! JUMP知念侑李、共演者から「フンドシになりたい」ラブコール

※ サービス精神旺盛の長谷川博己、おいしいビスケットに舌鼓

※ 中条あやみがオシャレな「アラレちゃん」姿に!【Noshの今ドキッ♡】