ヤング男性の3人に1人は経験あり スマホの美肌加工アプリ

写真拡大 (全5枚)

 スマートフォンの美肌加工アプリを使うのはもっぱら女性かと思っていたら、何と若い男性も結構な割合で使っていることが、マンダムが15〜29歳の男性336人にインターネットを通じて行った「身だしなみに関する意識調査」で分かった。

 「スマートフォンで撮影した自身の顔写真をアプリなどを用いて、肌がキレイに見えるように加工したことはありますか?」と尋ねたところ、37.2%が「ある」と回答。3人に1人は使用経験があった。その目的は、1位が「肌をよりキレイに見せたいから」(72%)、2位「自身の肌が汚いと恥ずかしいから」(41%)、3位「アプリがはやっていたので何となく」(34%)で、若い男性は美肌意識がかなり高いようだ。最近では、彼女や友人に自分の写真や近況を逐一報告する「俺通信男子」なる存在も出てきており、「なるべく美しい俺」で通信を送りたい!?

 女性に第一印象で「魅力的だ」と思われるためのポイントについて複数回答で選んでもらったところ、1位の「整った顔立ち」(65%)とほぼ同率で「肌のキレイさ」(63%)が2位に。3位以降は、「引き締まった体型」(47%)、「服装のセンス」(44%)、「整った髪型」(40%)、「身長の高さ」(39%)。女性に接近したときに自身の気になるポイント(複数回答)も、1位「ニオイ(体臭・口臭)」(72%)、「肌」(56%)となり、自分を磨くための要素として「肌」が重要ポイントになっていることが分かる。そして、肌がキレイな男性(友人・知人)を見て、「羨ましい」、「清潔感がある」、「かっこいい」、「好感が持てる」などの憧れの気持ちを抱いていた。

 美肌への道は、何といっても毎日の丁寧なケアから。「ギャツビー つるんと肌」シリーズの「つるんとフェイス ピーリングウォッシュ」(税別450円)、「つるんとフェイス ミルキーローション」(税別800円)で、古い角質や毛穴の黒ずみ除去し、質層に保湿成分を与え、卵のような“つるんと肌”を目指してみては?