「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒントがたくさん隠されています。思わず「へぇー」と感心してしまう面白いものもたくさんありますよね。

ここでは、そんな心理学の世界で知られているトリビアを米メディア「Higher Perspective」の記事から紹介します。

 01.
成功したいなら
目標は絶対に公言しないこと

「社会運動はどうやって起きるのか?」のTED動画でも知られているデレク・シヴァーズ氏の記事によると、成功したいなら目標は公言すべきではないのだとか。

また、ニューヨーク大学の心理学教授ペーター・ゴルヴィツァー氏は自身の著書で、「本来であればその目標を実現した後でなければ満足を覚えないはずが、他人に話したことでそれを認めてもらった気分になり、あたかも実現されてしまったかのような錯覚に陥る」と話しています。

本当に成功したいのであれば、口は堅く閉じておくのが賢明なのかもしれません。

02.
現代っ子が感じている不安は
精神疾患を持つ人と同じレベル

心理学情報を紹介するwebサイト「Psychology Today」によると、現代の高校生は1950年代初期の精神的な疾患を持つ人たちと同等レベルの不安を常に感じているそう。これは、現代社会において人との繋がりが希薄になっていることや、結婚適齢期が年々高齢化し独身者の割合が増えていることで、生活に悩みを抱えている人が急増しているのが理由。

さらに、インターネットやスマホの影響で情報過多となり、マイナスなニュースに刺激を受けやすくなった、という理由もあるそうです。

03.
多い?少ない?
最も幸福を感じる年収額は…

経済ニュースを紹介するwebサイト「The Wealth Report」によると、45万人を対象にアメリカで行われた「健康と年収に関する調査」の回答を分析した結果「年収が多い=幸せ」ではないことが分かっています。

2002年にノーベル賞を受賞した心理学者のダニエル・カーネマンらの調査でも、幸福を感じられるのは、年収75,000ドル(約900万円)まで。必ずしも年収に比例した幸福を感じることはできないということが明らかになっているようです。なんでも、金銭による幸せは長続きせず、満足感が一瞬で消えてしまうのだとか。

04.
音楽と感情と記憶は
共鳴している

音楽が記憶と結びつきやすいということを、体感したことがある人も多いかもしれませんが、その感覚、間違いではなかったようです。アメリカの大学生が日記を記しながら1ヶ月間実験した結果、「嬉しい」「悲しい」「つらい」など、感情に大きな動きがあったときに聴いた音楽ほど、強く記憶に残っていると分かりました。

過去に聴いた曲やメロディは、その感情と紐付いて潜在意識にインプットされているため、しあわせな記憶と結びついている曲がお気に入り、ということが多いようです。

05.
ハッピーな曲を聞けば
視界も「アガる」

さらに、音楽と心理学には強い繋がりが。オランダのフローニゲン大学で行われた「絵文字」を用いた実験では、楽しい音楽を聴いているときほど「笑顔」の絵文字を認識しやすいことが分かったそう。これは、これまでの経験に基づいて視覚情報を判断する脳の特性によるものだとか。

逆に、悲しい音楽を聴いているときは、スマイルマークも少し悲しげに見えてしまいます。確かに、音楽を聴いて気分が変わることってあるもの。落ち込んだときに、意識的にハッピーな音楽をかけるというのは、気分を盛り上げるために効果アリと言えそう。

06.
お金を人のために使うと
幸福感がアップする

しあわせなお金の使い方を紹介した本「Happy Money」の著者、エリザベス・ダン氏とマイケル・ノートン氏がアメリカの語学学校ハーバードスクエアの女性を対象に行った実験によると、自分のためではなく、人のためにお金を使ったときのほうが幸福感を得やすいという結果が示されました。

無機質なモノに対してお金を使うよりも、“人を助ける”、または、“人を喜ばせる”という価値に対してお金を使うことで、承認欲求が満たされ、結果的に自分の満足感に繋がるのだといいます。そこで生まれるコミュニケーションも幸福感が高まるポイントとなるようです。

07.
幸せになりたいなら
モノより経験にお金を使うこと

コロンビア大学で心理学を研究するエリザベス・ダン博士がアメリカのオハイオ州に住む女性600人を対象に行った調査によると、豪華な家や車を所有する人よりも、質素な賃貸マンションに住む人のほうが幸せを感じていることが判明。

そのほとんどが、家族や友人、恋人と多くの時間を過ごし、外に出て人間関係や自分の世界を広げることを日常的に行っているといいます。家や車のような高額な買い物よりも、人との交流や自分自身の経験として蓄積されるものにお金を使うことこそ、幸福感を左右する決め手と言えるかも。

08.
信じる者は救われる。
人には心の拠り所が必要

精神医学書「The American Psychiatric Publishing Textbook of Mood Disorders」によれば、憧れの存在や崇拝する人物がいる人ほど、ストレスを感じにくい傾向アリ。さらに、そういった人々との繋がりを強く感じられる人ほど幸福度が高く、日常的なストレスを受けにくいと言われています。

そして、日課として瞑想を取り入れている人は、自分をよく観察し受け入れることができるため、ストレスが少ない傾向にあるようです。自分を見つめ直し、憧れの存在に近づこうとする信念がストレスを遠ざけるのかもしれませんね。

09.
幸せやストレスは伝染する

科学誌「Psychoneuroendocrinology」による最新の調査によると、ストレスを抱えている人と一緒にいるとストレスホルモンとして知られている「コルチゾール」が増加、間接的にストレスを受けるということが分かったそう。

さらに、その相手が恋人や家族など親密な関係であればあるほどネガティブな影響を受けやすいという結果が…。研究者の1人は「ストレスや感情は伝染する」と述べています。しかし逆を言えば、幸せな人と一緒にいることでその影響を受け取ることができるということでもあります。

10.
もっとも苦悩する世代は
18〜33歳

「USA TODAY」の記者Sharon Jayson氏は、記事の中で人生でもっとも苦悩する世代について分析しています。彼曰く、18歳から33歳までがそれに当たるそう。とくに、不況の時代に生まれた若者たちほど、勉強や仕事、金銭、さらに家族や恋人などの人間関係において多くの悩みを抱えており、ストレスから開放される時間がないのだとか。

しかし、この悩み多き時期をどう乗り越えるかでその先の未来も変わってくるといいます。

11.
思い込みによって
睡眠の質が上がる

「The Atlantic」の記事では、睡眠の質は脳の思い込みによって決まるという研究結果が示されています。コロラド大学で行われた実験で、実際の睡眠の質の良し悪しに関わらず、医師から「あなたの睡眠は質が高い」と知らされた人は、その後の身体機能が向上することが分かっています。

この「プラシーボ効果」は、心の持ちようや考え方が体調や健康に影響を与えるというもの。今回の研究により、それが睡眠にも影響を及ぼすということが裏付けられたそうです。

12.
自信満々な人ほど
能力が低い

コーネル大学のデビッド・ダニング氏とジャスティン・クルーガー氏による研究で明らかになった「ダニング=クルーガー効果」は、簡単に言えば「能力のない人ほど過剰な自信を持ち、実力のある人ほど自らの能力に疑いを抱いて悩む」というもの。

ちなみに、この効果が提唱される以前に、イギリスの哲学者バートランド・ラッセル氏からはこんな発言も。

「世界が抱える問題は、愚か者が自信に満ちあふれていて、賢い者が疑念を抱えていることだ」

自信があることには、もちろんプラスな面もあります。しかし、ときには自分を客観的に見つめ直す機会をつくったほうが吉とも言えますね。

13.
記憶は都合よく上書きされる

神経科学の専門誌「Journal of Neuroscience」の研究結果によると、人は自分の記憶を勝手に“創り上げて”いるそう。私たちの脳は構造上、記憶が薄れ、歪み、間違った解釈をすることで、現実になかった記憶を創り出すことがあるのだとか。

もちろん全てがウソ偽りというわけではありませんが、初恋の人が美化されるなんていうのも、この脳の特徴によるものなのだそう。

14.
外国語で考えると
合理的な答えが導き出せる

2002年にノーベル経済学賞を受賞した「プロスペクト理論(得をするときと損をするときで価値の感じ方が異なるという理論)」を基に行われた調査では、選択を迫られたときに第2言語による思考で導き出した結論のほうが合理的になったのだとか。

他国の言語を話すときには、「口から出まかせ」が出にくくなるということもあるのだそう。確かに、慣れない言語体系で考えたり読み書きするのには真剣さが必要。それゆえ、熟考された答えが導き出せるというのも納得かも。

Licensed material used with permission by Higher Perspective