写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヴァル研究所は、iPhone・Androidアプリ「駅すぱあと」において、同社保有の移動予測データを独自技術でセグメント化したターゲティング広告を、外部ネットワークと連携させた新しい形の広告商品「Adgram(アドグラム)」として、9月15日より正式に提供を開始すると発表した。

駅すぱあと広告は、iPhone・Androidで累計650万DL(※2016年6月末日時点)を超える乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」のユーザーの移動予測データを活用し、ユーザーの生活圏や趣味趣向を独自にセグメント化した、ターゲティングが可能となるユニークなエリアターゲティング広告。従来の駅すぱあと広告では、ターゲティング精度を高めれば高めるほど対象ユーザーは減り、十分な広告の接触回数が得られないという課題があったため、この課題を克服すべく同サービスを企画・開発した。

外部メディアの広告枠との連携により、同社保有の移動予測データに基づいたセグメントにターゲティングを行いつつ、アプリでの経路検索時はもちろん、移動中のスマートフォンでのニュース閲覧時や、余暇時間でのエンタメ情報閲覧時など、多様なシーンにおいて広告メッセージを届けることが可能となる。

(Aries)