写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、企業向けOCNサービスのオプションとして、サイバー攻撃などの不正なアクセスから顧客のWebサーバを守るSaaS型セキュリティサービス「OCN vWAFサービス」の提供を9月20日より開始すると発表した。

このサービスは、Webサイトの脆弱性を標的としたアプリケーション攻撃やWebサイトへのDDoS攻撃などへの対策を一元的に提供。

Deep Learning技術を活用したセキュリティエンジンにより、OWASP Top 10を含む既知の攻撃パターンに加え、今後予測される脅威に対しても対処を行うという。また、脅威の検知から防御までを自動化できるため、Webサイト攻撃対策のフルアウトソースを実現するとしている。

さらに、顧客は、専用のポータルサイトから、各自が運営しているWebサイトやWebアプリケーションごとに、個別にセキュリティポリシーを設定可能。また、Webサイトへの不正アクセス数や、攻撃の種類などを一覧で把握できる。

契約には、NTT Comの企業向けインターネット接続サービス「スーパーOCN」または「OCNハウジング用接続サービス」の利用が必要で、利用帯域に応じた3種類の「基本サービス」と、「オプションサービス」から選択可能。価格は、月額137,160円(税込)から。