逆転白星発進の前回王者レアル・マドリー…ジダン「最後まで諦めなかった」

写真拡大

▽レアル・マドリーは14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節でスポルティング・リスボンをホームに迎え、2-1で勝利した。レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が試合を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えた。

▽後半開始早々の失点でリードを許したレアル・マドリーだったが、89分にFWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで追いつくと、アディショナルタイム4分にFWアルバロ・モラタが勝ち越し弾。逆転勝利で今大会の初戦を白星で飾った。試合後、ジダン監督は以下のようにコメントした。

「我々は最後まで諦めなかった。それを続けることができて嬉しいよ。時々、こうやって良いプレーを見せる相手と対戦することがあるが、我々の選手たちは素晴らしい。彼らの努力は勝利に値する。我々は、自分たちが流れを好転させる力があることを把握している。それこそがレアル・マドリーだ」