iPhoneにワクワクが戻ってきた:『WIRED』US版「iPhone7」レヴュー

写真拡大

今週金曜日に販売が開始される「iPhone7」と「iPhone7 Plus」。一足早く新機種を試したUS版『WIRED』のライターが、その長所・短所をレヴュー。デザインや機能以上に、彼がわくわくしたポイントとは。

「iPhoneにワクワクが戻ってきた:『WIRED』US版「iPhone7」レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら

iPhoneにわくわくしていたときのことを覚えているだろうか? 新しいデザインやアプリが出ただけで大騒ぎだったころのことを。コピー & ペースト機能のために行列をつくっていたときのことを。そんな時代はもう終わってしまった。驚異的なテクノロジーの前代未聞のコンビネーションも、いまでは普通のものに感じられ、もはや“予想通り”なものになってしまっている。

しかし、魔法がとけてしまったわけではない。周りが魔法に溢れすぎていて、それと気づくのが難しくなっているだけだ。

今月16日に販売が開始される「iPhone7」(¥72,800・税別)と「iPhone7 Plus」(¥85,800・税別)は、どちらもこれまでのiPhoneのなかで最高・最強・最速の機種だ。また両機種は、iPhoneという名の実験の開始以来9年の年月を経て、スマートフォンの理想像に、そしてミニマリズムの最終形態がわたしたちに近づいてきていることを示している。

iPhone7は、一見いままでのiPhoneとさほど変わり映えしないように見えるかもしれない。しかしその機能は改善されていて、そのうえ変化もしている。

iPhone7はよりシームレスになり、よりサードパーティに開かれ、ほかのアップル製品ともっとよく連動するようになった。そして何よりこのスマホは、iPhoneの外見の重要性がどんどん低くなっているということに対するアップルの肯定の証でもあった。大事なのは外見ではなく、何ができるかなのだ。

SLIDE SHOW iphone7plus-matblk-pb_iphone7-jetblk-pb_pr-print

2/6IMAGE COURTESY OF APPLE

iphone7_34l_matblk_2up_pr-print

3/6IMAGE COURTESY OF APPLE

iphone7plus-jetblk-34br_iphone7-jetblk-34l_pr-print

4/6IMAGE COURTESY OF APPLE

iphone7plusleathercase-lineupwide-pb_pr-print

5/6IMAGE COURTESY OF APPLE

iphone7plus-lineup-pb_pr-print

6/6IMAGE COURTESY OF APPLE

Prev Next

追加されたもの、無くなったもの

いつも通り、新作のiPhoneは前作よりも改良されている。新しい「A10 Fusion」プロセッサーは恐ろしく速く、昨年の(すでにかなり速かった)「A9」プロセッサーよりもさらに速度を上げた。

「A10 Fusion」チップはクアッドコアのプロセッサーで、2つのコアがシンプルなタスクを、ほかの2つが負担の大きなタスクを実行する。つまり、ゲームアプリにはまったり、高画質の動画を鑑賞したりしないかぎり、バッテリーの持続時間はとんでもなく長いということだ。

簡単な作業だけに使用した場合、iPhone7では24時間以上、iPhone7 Plusでは48時間近く、充電なしで使用することができた。レーシングゲーム「Riptide GP: Renegade」で盛り上がり、ドラマ「Halt and Catch Fire」をストリーミングしはじめた途端、昼間には充電が必要になった。

iPhone7はiPhone6sよりも明るいが、最大限の明るさでスマホを使う場面なんて、わたしには想像することができない。受話器部分はステレオスピーカーになり、デヴァイスからでもしっかりステレオサウンドを聴くことができる。スピーカーは素晴らしいわけでも、上等と言えるものでもないが、6sよりもはるかに改善されている。

いちばんうれしかったニュースは、iPhone7のストレージ容量が32〜256GBまでになったことだ。犬の写真を撮影しようとして「空き容量が不足しています」と言われることがなくなるなんて! あるいは少なくとも、そうなるまでの時間はずっと長くなるだろう。

iPhone7のフレームは、ご存じのスリムでメタリックな長方形からほとんど変わっていない。iPhone7 Plusの画面は5.5インチ、iPhone7で4.7インチだ。アンテナのラインは目立たなくなり、カメラをぐるりと囲むフレームは、パンチで穴を開けたようなスタイルではなく、火山のように隆起している。ブラックとジェットブラックの新色も、新モデルならではだ。

headphones-jack-1-1024x768

消えたイヤホンジャックとホームボタン

iPhone7と旧機種を見分けるいちばん簡単な方法は、もちろんヘッドホンを差し込むことである。差し込めない場合は、おめでとう! 新モデルだ。もうなくなってしまったイヤホンジャックについてわたしが言えることは何もないが、しいて言えば時々イラっとする。例えば、電車の中で充電しながら音楽を聴けないときなど。

アップルからの提案は「AirPods」を購入することだが、おそらくあなたはワイヤーヘッドホンを使えるよう、へんてこな専用アダプターを購入することだろう。

その選択は、もうひとつの不満を生む。もしオフィスに小さなアダプターを忘れてしまったら、わたしはお気に入りのヘッドホンが使えないのだ。未来はワイヤレスであるというアイデアにはわたしも賛成だが、そこまでは苦痛とアダプターだらけの道のりになることだろう。

存在しないイヤホンジャックに何かを差し込もうとする癖は、1週間後には治った。しかし、何があってもiPhone7のホームボタンに慣れることはないだろう。もはやそれはボタンではなく、触れると振動するただの平面だ。

ホームボタンはほかのパーツよりも壊れやすいので、これはiPhoneの寿命を延ばすという意味では素晴らしいことだ。リストの最後まで来たときや、ゲームで敵に向かってマシンガンを連射するときなど、スクリーン上で起こっていることに対応してiPhoneが振動で物理的な反応を返してくれるのは、クールなこともある。

しかし、iPhoneをロック解除しようとボタンを押すと、まるでガラスに指がのめり込むのではないかというほど親指が振動するのだ。これでは、普通のボタンが恋しくなる。

とはいえ、イヤホンジャックやホームボタンを引き換えにしても、携帯が防水になるのはうれしい(サムスンや他社が証明したように、必ずしもそうする必要もないのだが)。シャワー中、あるいは少なくとも歯磨き中に携帯を使えるのは素晴らしい。それ以上に、自分のiPhone7はIP67の防水対応であり、ちょっとした雨やテキーラが少しかかった程度なら問題ないと思うだけで、とても安心できる。iPhone6sの時点で、すでにほぼ完全防水であったが、iPhone7の防水は本物だ。

携帯・トイレ・乱暴者の組み合わせで手痛い経験がある人を除いては、ここまででiPhoneをアップブレードしたいと飛びつかせるほどの特徴はなかったかもしれない。アップルが購入のきっかけに、とやりすぎなほど推しているのは、映画『ウォーリー』の主人公のようにiPhone7の背面から覗き込んでいる新しい改良カメラだ。

RELATED

なんといってもカメラ

iPhone7のカメラをレヴューするのは簡単だ。とんでないカメラだ。12メガピクセルセンサーに、今度はF値1.8のレンズと光学式手ぶれ補正機能が搭載されている。つまり、ひどい照明のなかでも明るくシャープな画像や動画を撮影することができるということだ(それで足りない場合でも、フラッシュも前よりもずっと明るくなっている)。

アップルは写真を1枚撮影するたびに約1,000億の処理をするカメラや、新しいプロセッサーの速さを前面に打ち出していたが、昨年のモデルでは実際の撮影で大きな違いには気がつかなかった。しかし、新モデルではそれがずっとよくなっている。RAW形式での撮影もでき、画像処理することも可能だ。自撮りについては、7メガピクセルのFaceTimeのカメラを使えば、キム・カーダシアンがいつ来ても大丈夫だ。

iPhone7 Plusのカメラはもっと面白い。12メガピクセルのカメラが2つ搭載されていて、それぞれの焦点距離が異なっている。広角レンズは28个如基本的にはiPhone7のカメラと同じだ。その横にも似たようなレンズがついているが、こちらは56mmで、カメラアプリが瞬時にこれら2つのレンズを切り替えてくれる。

これで、真のズームがスマートフォンで実現されたのだ。光学ズームで2倍、デジタルズームで最高10倍に過ぎないが、従来の物との違いは大きい。森へハイキングに行ったなら、地上からスナップ写真を撮影することもできるし、ズームすればまるで枝の間から撮影をしたような写真も撮影できる。また、怪しいほど近寄らなくてもポートレイトを撮影できるので、友人や愛する人たちにも好評だった。シャッターボタンを押すたびに両方のカメラがデータをとらえ、まとめてくれるので、よりノイズが少なく高品質な撮影が可能になる。

プロレヴェルのカメラには及ばないものの、iPhone7 Plusを使い始めてからは、いままでスマートフォンのカメラではとらえきれなかったディテールや深みが手に入った。

iphone-wet-1024x819

デザインや機能以上にわくわくすること

iPhoneは決して単一のデヴァイスではない。百万もの異なるデヴァイスなのだ。そのデヴァイスが何であるかは、携帯を買ったあとに何のアプリをダウンロードするかで決まる。

あなたのiPhoneがSnapchatマシーンになったり、あるいはInstagram工場、テレビ用の万能リモコンにもなりえるのだ。アップルがiPhoneに関して行ったことのなかでいちばん賢かったのは、彼らがiPhoneを、ユーザーや開発者が自分の夢や希望、メール用アプリで埋めるための空っぽの器としてとらえたことである。

それから数年が経ち、アップルの「白紙状態のデヴァイス」というアプローチは、App StoreからほかのiPhoneにまで広がっている。

アップルはRAW撮影や広色域キャプチャのAPIを公開しているが、それは写真アプリが画像を処理する方法を、アプリをつくる側がまるごと再考することができるということを意味する。また、アプリの開発者たちは、Taptic Engineを使ってゲームやアプリの反応をさらに早く、そしてインタラクティヴにすることも可能だ。iOS 10によって、開発者はメッセージ、マップ、その他諸々と共に、Siri(とそれゆえにAirPods)にアクセスできるようになった。開発者にとって、自分の望むままに埋めていくことができる真っ白なカンヴァスとしてのiPhoneの役割は、ますます大きくなっている。

これは退屈なハードウェア向けに対する、戦略的に懸命な動きだ。落としたり曲げられたりすることを考えてつくられたスマホが、あまりにも早く故障したり機能停止になることなどありえない。賛否両論のある、あるいは複雑なデザインで買い手を逃すことはありえない。開発者たちの奇抜な夢に耐えうるほど、十分なパワーと多用途性をそなえていなくてはいけない。言い換えると、それがiPhone7なのだ。

iPhone7は、デザインや機能であなたの度肝を抜くことはないだろう。それでも夢のようなスマートフォンだ。そして哲学的に言えば、アップルは扉を開けたようにも思える。

iPhone7は革命的ではないかもしれないが、多くの人にとっては触媒になるかもしれない。あなたの携帯電話が数カ月後にはもっと使いやすくなり、さらにそこから数カ月経てばさらによくなるかもしれない。それはわくわくすることではないだろうか。

RELATED