JR東日本の男性運転士があぐらをかき通勤快速を運転「かゆかった」

ざっくり言うと

  • JR東日本の運転士が8月、通勤快速であぐらをかいて運転していたことが判明
  • 同社は「乗客に不信感や不安を与える行為だった」として運転士を指導した
  • 運転士は「土踏まずを蚊に刺され、かゆかった」と認めたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング